Internet Explorer(IE)のサポートが順次終了!今後は何を使う?

Microsoftが提供するインターネットブラウザの「Internet Explorer 11(IE 11)」のサポートが、2021年8月17日をもって終了します。
ただこれはあくまで「Microsoft365」というサービスのサポート期限で、Windows10のサポートはまだ続きます。Windows OSによっては最長で2029年1月まで続くことに。ただMicrosoftではIEの開発が終了しており、後継のブラウザとして「Microsoft Edge」を推奨しています。

Internet Explorer 11 (IE 11) のサポートが終了。でも無くなるわけじゃない!

Internet Explorer のバージョン情報

「Internet Explorer(以下、IE)」は、1994年にMicrosoftが開発したインターネットブラウザで、1995年にリリースされたWindows95から規定ブラウザとして標準搭載されました。しかし2015年に発表されたWindows 10からは「Microsoft Edge」が標準ブラウザに変更。
現状の最新版Microsoft 365のアプリ・サービスであるIE11は、2015年のMicrosoft Edgeの発表をもって、事実上の開発終了を迎えました。

Internet Explorer のサポート終了表

まず2020年11月30日にMicrosoft Teamsでのサポートが終了。続いて2021年8月17日にはMicrosoft 365でのサポートが終わりを迎えます。ただ各OSに付随するMicrosoftの製品ライフサイクルサポートはIEにも適応されているので、Windows10を使用している人は2025年10月14日までサポートを受けることができます。
Windows10のLTSBやLTSCを使用している場合は、最長で2029年1月9日までサポートを受けられますが、一般家庭や仕事用に販売されていることが多いWindows10は「IEのサポートは2025年10月まで」と覚えておきましょう。

Internet Explorer のHOME画面

インターネットが爆発的に普及し始めた1990年代後半から2000年代前半。IEはWindowsの標準ブラウザでしたから、インターネット黄金期を支えたといってもいいでしょう。
ただ現在はGoogleChromeやMac・iOSのSafari、MozillaFirefoxなどにシェアを奪われています。とはいえIEのユーザーも一定数いるため、Webサイトの制作現場などでは、IEでの見え方をチェックすることがあります。

バージョンアップをしないのであれば、なぜMicrosoftはIEを残しているのか。
それはいまだにIEでしか表示できないWebサイトが存在するからです。インターネット黄金期に広く使われていたため、この頃に作られたWebサイトの中で定期的な更新やアップデート等をしていないものはIEでしか見ることができません。
そのためMicrosoftは、開発を終了してもサービスを続けるのです。

IEサポート終了による影響は?新サービスが受けられない!

IEサポート終了による影響は?新サービスが受けられない-画像

Internet Explorerのサポートが終了するということは、これ以上の開発やアップグレードがないということです。そのため、何か不具合やセキュリティ面での脆弱性が発覚しても、修正されることはありません
もしサポート終了以降も使用しつづけると、ウイルスなどによる攻撃を受けやすく、個人情報などの漏洩に繋がってしまいます。

さらに今後開発されるであろうWebの新技術や新サービスに対応することがありません。2021年3月現在でもすでにIE11で利用できないサービスは存在しており、以降続々と増えていくと考えられます。

現在IE11を使用しているのであれば、インターネットブラウザを変更するいい機会かもしれません!

まずはIE11のアンインストール!数分で簡単にできる!

それではIE11のアンインストールの方法を解説します。
手順は簡単です。

スタートメニューの「Windows アクセサリ」内に「Internet Explorer」があります。カーソルを合わせて右クリックして、「アンインストール」を選択してください。

スタートメニューの画像

すると「設定」の「オプション機能」が開きますので、「Internet Explorer11」を探してクリック。項目の右下に「アンインストール」と出てくるので、ボタンを押せばアンインストールが開始されます。

「設定」の「オプション機能」

アンインストールにかかる時間については、使用しているパソコンの環境にもよりますが、10~30秒程度と短時間。あとはパソコンを再起動すれば、完全にIEを削除することができます。

IEからMicrosoft Edgeへ移行を!

IEからMicrosoft Edgeへ移行を!-画像

IEをアンインストールしたら、代わりに使用するインターネットブラウザを考えないといけません。
今回はMicrosoftが推奨している「Microsoft Edge」について、説明したいと思います。

Microsoft Edgeは、IEに比べてWebサイトを素早く表示できるように高精度のエンジンが使われています。さらに動画を見るときに画面を暗くしてくれたり、広告をブロックしてくれたりと、便利な拡張機能が豊富に揃っています。
インターネットを利用する目的に合わせて、カスタマイズすれば快適性は各段に上がるはずです。

現状では対応しているパソコンは限られていますが、Microsoft Edgeには表示されているWebサイトに直接書きこんで保存ができる「Webノート」や、テキストのみを表示して可読性を上げてくれる「読み取りビュー」など、標準搭載機能だけでもIEより快適に効率よく作業を行えるように開発されています。

前述したGoogle ChromeやFirefoxなど、インターネットブラウザは色々とあります。それぞれ特徴があるので、インターネットで調べて比べてみてください。

まとめ

昨年から順次サポートが終了している「Internet Explorer」。使用している方は、早めに他のインターネットブラウザへ切り替えることを推奨いたします。
ただ「Microsoft Edge」を使おうと思っている方は、パソコンのOSが最新(Windows10)ではなく、古い環境の場合はインストールできなかったり、インストールできても一部のアプリが起動できない問題が発生しているようですので、その場合はまずOSのアップグレードやWindowsアップデートを試してみましょう。


超高速インターネットでさらに快適なパソコンライフを!
関西で広域提供中のeo光では、5ギガまたは10ギガの超高速コースをご提供しています。

eo光の超高速インターネットについて詳しくはこちら

eoは関西ネット契約 戸建てシェアNo.1 オプテージ調べ(2021年2月調査) エリア確認・お申し込み へのリンク

公開日:2021年03月19日

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事