今さら聞けないPodcastとは?誰でも気軽に聴けて配信できる

Podcastとはインターネットで音声データを配信するサービスで、インターネットラジオやその番組自体を指す言葉でもあります。Podcastの多くは無料。iPodなど携帯音楽プレイヤーで聞けるラジオ番組として2000年代に流行しましたが、近年は国内外で第二次Podcastブームともいわれる現象が起きています。
Podcastの成り立ちと、気になった方向けiPhone・Androidで聴く方法、配信方法を紹介します。

ライター:株式会社TOGL

Podcastとは?iPodで聴くラジオが始まり

マイク

Podcastの言葉の由来はiPod+broadcast(放送)といわれます。Apple iPodなどの携帯音楽プレイヤーが普及した2000年代前半のアメリカから始まりました。もともとRSSという更新情報を届ける仕組みで音声データを配信しており、AppleのiTunesを通じて番組を全世界に発信できました。日本でも2005年ごろからブログサービスを中心に広まります。

YouTubeなど動画配信サービスの登場もあってか一時期下火になりましたが、2019年ごろから海外でPodcastブームが再燃。
スマートフォンの普及で気軽に聴取~配信ができるようになり、動画では難しい「ながら聞き」の需要が増えたことが要因ともいわれています。2017年ごろからのスマートスピーカーの普及も一因と考えられます。

再ブームの火付け役ともいわれているのが、シカゴ発の人気番組「This American Life」が2014年に配信を始めたシリーズ「Serial」。未解決事件を追うノンフィクション番組で大きな話題を集めました。犯罪モノやノンフィクションは以降もPodcastの人気ジャンルになっています。

マーケティング媒体としても再注目されるPodcast

マイク

音楽家向け教育メディア「MUSICOOMPH」によればアメリカ国民の24%が毎週Podcast番組を聴いているそう。アメリカではPodcastを聴く習慣がある程度根付いてるといえます。

またIAB(Interactive Advertising Bureau)の調査によれば、2022年のアメリカのPodcast広告市場は1930億円超になる見込みです。

音楽配信大手Spotifyは近年Podcast配信アプリのAnchorや、制作スタジオのGimlet media、The Ringerを次々買収。
NewYork TimesによればSpotifyは大人気Podcast配信者ジョン・ローガン氏との3年半の独占契約のために約230億円を支払ったとのこと(ローガン氏はその後新型コロナウイルスに関する非科学的な発信をし、Spotifyともども猛批判に晒されますが……)。

いずれにせよ「ながら聴き」ができ、声による発信でリスナーとのエンゲージメントが作りやすいPodcastは注目のメディアになっています。
GUCCIやCOACHなど有名ファッションブランドやNetflixなどの大手企業がPodcastをブランディングやマーケティングに活用しています。

日本のデジタルオーディオ市場は伸びしろあり

日本では2019年に新たな視点を生み出すPodcastを表彰する「JAPAN PODCAST AWARDS」が設立。第1回受賞作は、軽快なテンポの良いトークが特長の「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」。受賞作以外のノミネート作品も質が高くおすすめです。

独自の世界観でリピートユーザーを集めるEC「北欧、暮らしの道具店」ではアプリ内でPodcast番組「チャポンと行こう!」を展開。2018年5月からの再生数が1,000万回を超えるなど、ファンとのエンゲージメントづくりに活用されています。

Voicyやaudiobook.jpなどの音声メディアや、音声配信アプリ「stand.fm」が登場するなど日本でもデジタルオーディオ市場は注目を集めています。

・関連記事:次にくるSNSは配信+音声!日本発の音声配信アプリ「stand.fm」に注目!

Podcastの聴き方。ダウンロードしておけば通信量も安心

Podcastを聞くプラットフォームはいくつかありますが、どれも基本的に無料。独占コンテンツ以外の番組はどのプラットフォームからでも聴取可能です。
Wi-Fi環境であらかじめダウンロードしておけば、屋外などでも通信量を気にせず楽しめます。
普段お使いのサービスや、デバイスに合わせてプラットフォームを選びましょう。

1.Spotify

Spotify
検索マークをタップ

SpotifyでPodcastを聴くにはまずSpotifyのアプリを開き、画面下の[検索]マークをタップ。ジャンルの検索画面に移ります。
聴きたい番組が決まっている場合は画面上部の検索欄に番組名を入れて検索。番組を探したい場合は[ポッドキャスト]を押せばカテゴリーやピックアップ番組をチェックできます。
番組をあらかじめダウンロードしたい場合は[ ↓ ]マークを押すか、[・・・]ボタンから[ダウンロード]を選択しましょう。

ダウンロード

2.Apple Podcast

Apple Podcasts
ApplePodcasts

Apple PodcastはiPhoneやMacなど、Apple製品には標準で入っているアプリです。
画面右下の[検索]を押せば、Podcastのカテゴリーから聴きたい番組を探せます。
ダウンロードしたい場合は、再生ボタン右の[・・・]ボタンを押してメニューから[エピソードをダウンロード]を選択しましょう。
連続で再生したいエピソードがある場合は、次に聞きたい[次に再生]を選択。

3.Google Podcast

Google Podcast

Google PodcastはGoogleの提供する、Android向けアプリです。アプリを開き画面下部の[探す]マークをタップすれば、人気の番組などが表示されます。
[↓]ボタンを押せばエピソードのダウンロードが可能。

4.Amazon Music

AmazonMusic
 Podcast

Amazon MusicでもPodcastを聴くことができます。
アプリを開くと有料プランへの加入を促されますが、Podcastだけを聴きたい場合は無料会員でも問題ありません。
ホーム画面の上部の[ポッドキャスト]タブをタップすれば人気の番組やピックアップ番組が表示されます。

 Podcast

ダウンロードしたい場合は、[ ↓ ]マークを押しましょう。

自分でPodcastを配信する方法

Podcastは聴くだけでなく、配信も簡単に行えます。ここでは配信用アプリのAnchorを使い配信してみましょう。

Anchor

Anchorをダウンロードしたらアカウント登録をしましょう。ログインし、画面下の[+]マークを押せば編集画面へと移れます。パソコンの場合はブラウザでアカウント登録すれば、ほぼ同じ手順で配信まで進められます。

音声ファイルはAnchorで録音するか、音声ファイルをアップロードします。
あらかじめ録音した音声を使いたい場合は[ライブラリ]から[インポート]を選択し、ファイルを選びましょう。

サウンド

Anchorでは無料で使えるサウンドや効果音があらかじめ用意されています。
番組の開始時に使えそうなものから、場面転換に使えそうなものまで98種類のサウンドがあり、効果音も20種類と無料とは思えない充実っぷり。

音声ファイルとサウンドや効果音を配置したら、番組名やアートワーク、ページの名前、プロフィールなど細かい設定をしアップロードすれば配信完了です。
Anchorを運営するSpotifyだけでなく、Apple Podcast、Google Podcastなどに一斉に配信ができます。

まとめ

海外では大きな盛り上がりを見せるPodcast。
日本でも良質な番組が気軽に楽しめるPodcastの魅力は徐々に広がっているといえるでしょう。
アプリをダウンロードするだけ、PCならブラウザで開くだけで簡単に聴けるので、まずはお手持ちのデバイスで聞いてみてはいかがでしょうか?


【関西でネット回線をお探しなら】 eo光は通信速度・安定性で満足度No.1!
※2020年度オリコン顧客満足度調査による

詳しくはこちら

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 編集・ライティング

    株式会社TOGL

    「機能するコンテンツをつくる」編集ファーム。ビジネス、IT、エンジニア、カルチャーに関するメディアでの実績多数。

関連記事