ひとりでできるもん!インドアでできる娯楽&ワークスタイル

テキスト/イラスト: くらふと

こんにちは、くらふとです。現在、新型コロナウイルスの流行は続いており、まだ収束する様子はありません。できるだけ人混みを避けて、外出も最低限にしておきたいところです。
何より健康第一! ネット上の根拠のないつぶやきやまとめサイトを見て気分を上下させるのではなく、各自手洗いやうがいなど確実にできることからしていきましょう。新型コロナウイルスだけではなく、インフルエンザの予防にもなります。

やはり人の多いところを避けることが重要なので、不要の出勤や遊びに行くことは減ることになるでしょう。なので、必然的に自宅に居ることが多くなると思います。
今回の「ゆかい生活」はインドアでできること、娯楽やリモートワークなどについて考えてみました。

ひとりでできるもん!インドアでできる娯楽&ワークスタイル-画像_02

予定が無くなって外出ができなくなり、時間がぽっかりとできることが今後起こるかもしれません。そんなときに何をしていいか分からない、なんてことのないように普段からやりたいことのリスト(例えばAmazonだと電子書籍の読みたいものをまとめておく、動画のウィッシュリストなど)を作っておくことをおすすめします。進めていない、積んでいるゲームがどれだけあるかを把握しておくことも大事ですね。

ひとりでできるもん!インドアでできる娯楽&ワークスタイル-画像_03

これは今回のような事態に限ったことではなく、欲しいもの・やりたいことを管理するときにどれだけコストがかかるかを同時にメモしておくことはとても重要です。お金・時間・どこでできるか(家でしかできないのか外でスマホなどが使えるのか)を考えておくと普段から無駄の少ない行動ができるでしょう。

そして今回一番のポイントとしたいのは、インドアでできる娯楽について個別にどれが良いという話ではなく、娯楽というものにはインプットだけでなくアウトプットがあるということです。何かものを作っている人なら言うまでもないことですが、創作活動だけの話ではなく、何か刺激があったときに自分の感想を書き残す・人に話す(共有する)ことも大切なことです。近年はネットの発達で非常に活発になっており、現在もSNSでは常に何らかの話題で盛り上がっています。
大事なのは、インプットとアウトプットの両方のバランスであり、どちらを欠けても健全な状態とは言えません。娯楽と言うと常に自分が何かを受け取ることばかりをイメージしがちですが、そういうわけではないということを意識しておくといいと思います。

ひとりでできるもん!インドアでできる娯楽&ワークスタイル-画像_04

あと最近話題になっているテレワーク・リモートワークについてですが、仕事の種類によるのでこのやり方が絶対正しい! なんてことは言えませんが、満員電車や会議などで不要に人が集まることは望ましくないので今後多く活用されるであろうとは思います。
重要なのは、どのツールや機材を使うということよりも「時間を決めて連絡を取れるようにしておく」ということです。定期的な連絡など、異常が無くても何か書き込むといったことがあるのと、無いのとでは大きな違いがあります。どれだけ密に連絡をとっているかが仕事の成否に関わってくるかは、分かる人には言うまでもないでしょう。(この「密に」は、長時間通話をするということではありません。)
同じくらい大事なのは、仕事をしないときにはオフラインになることです。常に連絡がくるという緊張感に晒されていると非常に消耗し、人は壊れます。リモートでも、リモートだからこそメリハリをつけた運用が重要だと思います。

以上、インドアでできることについて考えてみましたが、一番大事なことは「SNSだけで時間を潰さない」ことです。Twitterに張り付いて何時間も消耗し、精神的にも疲弊し、一日が潰れた人も居るかもしれません。これは最もやってないけないことだと考えています。時間の使い方、何より心身の健康が一番大事なので皆それぞれ自分を管理し、無理をせず生活していきましょう。

くらふと さん

プロフィール

漫画家・イラストレーター。食べ歩き漫画「ゆかい食堂」をブログ、ぐるなび「みんなのごはん」などで連載。単行本「ゆかいなお役所ごはん」「ゆかい食堂セレクション」星海社より発売中。電撃コミックスでゲームのアンソロジー漫画に参加など。
https://twitter.com/craft_kim

[2020年2月7日 Zing!掲載]


※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。