書類作成を効率化するなら、素早くアプリを切り替えよう!便利なWindows ショートカットキー講座

前回から始まったWindowsショートカットキーの連載。

効率よくパソコン作業がしたいなら、駆使するべきショートカットキー。

でも結局何ができるか分からないし、いっぱいありすぎてどのコマンドがいいのかが分からない人も多いと思います。
そこで、第2回となる今回も、資料作成など様々な場面で役に立つ、アプリの切り替えやファイルの終了を一発で行えるショートカットキーをお教えしたいと思います!

アプリケーションの切り替え法は一つに非ず!「Alt」キー+「Tab」キー

岡野:前に教えてもらったこのタスクバーのアプリをすぐに起動させるショートカットはめちゃくちゃ便利だなぁ。ただアプリを切り替えようとして数字を間違えた時、新しいアプリが立ち上がって、少しパソコンが重くなるんだよなぁ。

お困りのようですね。

岡野:あ、先輩! アプリを切り替えるの方法って何かありますか?

もちろんです!
今回、教えるのは「Windowsフリップ」という機能を使うやりかたです。
これはアプリ切り替えに特化した機能で、「Alt」キー+「Tab」キーを同士押しすると、起動しているアプリがサムネイル上に展開されるんです。

アプリケーションの切り替え法は一つに非ず!「Alt」キー+「Tab」キー_01

そこから「Alt」キーは離さずに「Tab」キーをクリックするごとに、選択されるアプリが右に移動していくので、目的のアプリになったら手を離すだけ!

アプリケーションの切り替え法は一つに非ず!「Alt」キー+「Tab」キー_02

岡野:おー、これなら間違えて違うアプリを起動させなくて済みます!
ありがとうございます!

アプリの選択は「Alt」キーさえ離さなかったら、「←」や「→」キーでもできるのも覚えておくといいよ。

ちなみにインターネットブラウザのタブを変える場合は、「Ctlr」キーと「Tab」キーで一つ右のタブに移動できるから、覚えておいてもいいかもね!

ファイルを閉じるときはこれ!「Ctrl」キー+「W」キー

ファイルを閉じるときはこれ!「Ctrl」キー+「W」キー_01

またデスクトップがウインドウでいっぱいになってますよ、岡野君。

岡野:いつもこうなっちゃうんですよね……。フォルダを閉じるのに、いちいちウインドウの右上にカーソルを合わせるのが面倒くさくて……。

なるほど、ではそんな岡野君にウインドウやファイルを閉じるとっておきのショートカットキーを教えてあげましょう!
それでは閉じたいウインドウを選んで……「Ctrl」キーと「W」キーを押してください!

ファイルを閉じるときはこれ!「Ctrl」キー+「W」キー_02

岡野:おー、閉じました!

いくつも出ているのであれば、「W」キーを連打すれば一つずつ閉じることができるんです。それにアプリケーション自体は閉じないので、次のデータを開くことがあるならば起動時間の短縮にもなるんです。

岡野:確かに、アプリの立ち上げからってなると時間かかりますもんね。

そしてこのショートカットキーは、各インターネットブラウザーにも有効で、タブを一つずつ消してくれるんです。
「Ctlr」キーと「Tab」キーで閉じたいタブを選んで、「Ctlr」キーと「W」キーで閉じてみよう。

ファイルを閉じるときはこれ!「Ctrl」キー+「W」キー_03

岡野:まだ見たいものは残して、要らないものだけ閉じる……なんて便利なショートカットなんですか! これで作業も捗りそうです!

ポップアップを見逃してたら、アクションセンターを開けばいい!「Windows」キー+「A」キー

岡野:あれ、今何か連絡が来てたような気がする。見逃したかな?
そんな、アクションセンターを開いて……

お、前にお教えしたアクションセンターをしっかり活用してますね!

岡野:あ、先輩。そうですね、作業に集中しちゃうと連絡を見逃しがちなんで、アクションセンターはよく使わせてもらってます。

それなら、いちいちカーソルを右下に移動させずに「Windows」キーと「A」キーを押せば、すぐにアクションセンターを開くことができますよ。

ポップアップを見逃してたら、アクションセンターを開けばいい!「Windows」キー+「A」キー_01

岡野:なるほど! よく使うものだからこそ、時短のためにショートカットキーを使いこなせばいいんですね!
確かにこれなら、すぐに確認ができます!

アクションセンターが開けば、矢印キーで選んで「enter」キーで選択することができるから、いちいちマウスを動かす必要もないですからね。

岡野:ありがとうございます! これで連絡を見逃して、怒られることも減りそうです(笑))。

これからWEB会議なのに、イヤホンから音が聞こえない!?「Windows」キー+「K」キー

岡野:せんぱ~~~~い! すいません、助けてください!

そんなに慌てて、どうしたんですか!?

岡野:今からオンラインでい会議があるんですけど、イヤホンから音が聞こえないんです!ちゃんと接続されてると思うんですけど……。

なるほど、Bluetoothのイヤホンですね。
まずは「Windows」キーと「K」キーでデバイスの接続画面を開いてみましょう。

これからWEB会議なのに、イヤホンから音が聞こえない!?「Windows」キー+「K」キー_01

接続自体はされていますね。それでは下に表示されている「他の種類のデバイスを探す」をクリックして、設定を開きましょう。そのまま右側にある「サウンドの設定」をクリック。

岡野:これですね。あっ! 出力デバイスがパソコンのスピーカーになってる!

これからWEB会議なのに、イヤホンから音が聞こえない!?「Windows」キー+「K」キー_02

うん、やっぱり。
大体はイヤホンを接続したら自動で変わるのですが、使用するアプリによっては変わらない場合もあるので、もし「音が聞こえない」「相手に声が届いていない」と思ったら、ここをチェックしてみるといいですよ。

岡野:ありがとうございます! これで無事に会議が始められます!

よかったです。
でもギリギリになってから準備をしていると間に合わない場合もありますから、もう少し余裕を持って準備をしましょうね。

まとめ

今回のショートカットキーはいかがだったでしょうか。

ウインドウの切り替えだったり、ファイルを閉じるのって、カーソルで行うと意外と面倒だったりしますよね。ぜひ実践してみてください!
また最近、多用するようになったWEB会議でのイヤホン問題、よくありますよね(笑)。
覚えておくと便利なショートカットキー講座、次回もお楽しみに!


超高速インターネット 速さで選ぶならeo光

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事