ホームページとは?Webサイトとの違い・使い分けを解説

何気なく口にされているかもしれない「ホームページ」という言葉。
似たような意味の「Webサイト」や「Webページ」との違いはご存知でしょうか。

ホームページの正しい意味を理解するために、ホームページという言葉の意味や変遷、Webサイト・Webページとの違いや使い分けを詳しくご紹介します。

ライター:黒澤結衣

ホームページとは?3通りの意味がある

ホームページとは?3通りの意味がある

ホームページという言葉の使われ方は、大きく3パターンに分けられます。人によって言葉の定義が違うことが多いのが混乱の原因かもしれません。

1.ブラウザを開いたときに最初に表示されるページ

ホームページとは本来、「home=拠点・出発点」の意味で作られた言葉です。つまりWebブラウザを起動したときに最初に表示されるWebページのこと。例えばGoogle Chromeを起動すると、初期設定のままだとGoogle検索のページが表示されます。これが本来の意味の「ホームページ」です。

2.Webサイトの最初のページ=トップページ

本来は「1」の意味だったのですが、次第にWebサイトのトップページという意味でも使われるようになりました。
Webサイトのトップページ(フロントページ、インデックスページ)をブラウザ起動時のホームに設定する人が多かったためです。この場合のホームページは「https://yourclip.life/」などWebサイトの「住所」を表す「ドメイン」直下の「index.html」「index.php」等のファイルが置かれた場所を指すことが多いです。

3.「Webサイト」と同じ意味

言葉の意味はさらに変化していき、ホームページをWebサイトと同じ意味で使われることがあります。
インターネットが普及し、Webサイトのことを知らない人に説明する過程で、本来は「Webサイト」「Webページ」と呼ぶべきところをすべて「ホームページ」とまとめて呼んでしまう現象が発生しているようです。

ホームページと混同されがちな「Webページ」と「Webサイト」って?

ホームページと混同されがちな「Webページ」と「Webサイト」って?

ホームページと混同されがちな言葉に、WebページとWebサイトがあります。
「Webページ」はブラウザに表示されるひとつひとつのページのこと。「Webサイト」は複数のWebページがまとまったものです。例えば、今あなたが読んでいるこの記事は「CLIPのWebサイト」にある1つの「Webページ」です。

「Web(ウェブ)」もいろんな捉え方がある

ホームページがWebサイトと同一の意味で使われることがあると分かりましたが、ここでWebの意味も確認しておきましょう。

Web(ウェブ)とは、インターネット上に公開されたテキスト・画像・動画などがハイパーリンクで繋がったもののこと。正式名称はWorld Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)。単語の頭文字を取ってwwwと表記されることもありますが、長いのでWebと略して表現されるようになりました。世界中の文書がリンクによって蜘蛛の巣のように広がっていることから、蜘蛛の巣を意味する「Web」から連想してつけられた名前です。

Webと混同されがちな言葉が「インターネット」です。インターネットとは、コンピュータ同志を繋ぐ通信のネットワーク自体を意味しています。

結局ホームページは間違いなの?

日本では一般的に、ホームページとWebサイトは同じものという認識が広く定着しているようです。
検索トレンドでは「Webサイト制作」よりも「ホームページ制作」のほうが月間に検索される数が多くなっています。日常会話の中で「ホームページ=Webサイトのことね」と理解できる場合が多いでしょうし、使われ方として間違いとはいいきれません。
ただ、例えば制作会社の人にサイト制作をお願いする場合、トップページだけ制作するわけではありませんから「Webサイト制作」と伝えるのがスムーズでしょう。

ホームページとWebサイトが同じだという認識はあくまで日本だけの話。海外ではサイト全体のこととは認識されないので注意が必要です。

まとめ

ホームページ・Webサイト・Webぺージの3つの言葉は、厳密には違いがあります。
ホームページも間違いではないのですが、現在ではWebサイト・Webページと呼ぶのが主流です。3つの言葉の意味を理解しつつ、状況に合わせて柔軟に使い分けていきましょう。


【関西でネット回線をお探しなら】 eo光は通信速度・安定性で満足度No.1!
※2020年度オリコン顧客満足度調査による

詳しくはこちら

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • ライター

    黒澤結衣

    ティーン誌・漫画誌の編集を経てライター・イラストレーターとしても活動。漫画・イラストやパソコンソフトの効率的な使い方に詳しく、関連したコンテンツ編集・ライティングを多く手がける。

関連記事