Python(パイソン)とは? 最も将来性が見込まれるプログラミング言語の1つ

小学校でプログラミング学習が行われている今の時代、「プログラミングを学びたい」と考える大人の方も増えているのではないでしょうか。「もっとプログラミングのスキルを上げたい」と考えている方も多いはず。そんな方におすすめなのが、今最も注目を集めているプログラミング言語の1つ「Python(パイソン)」です。この記事ではPythonの特長やメリット・Pythonが人気の理由などについて詳しくご紹介します。

Pythonとは?

Pythonプログラミング言語の公式ホームの画像

Pythonは1991年にオランダ人プログラマーのグイド・ヴァンロッサムによって開発されたプログラミング言語。コードのシンプルさ・汎用性の高さから、世界中のエンジニアの支持を得てきました。現在では、AI(人工知能)や機械学習、YouTubeやInstagramを始めとするさまざまなWebプラットフォームなど、多岐にわたる分野で活用されています。

公式サイト https://www.python.org/

Pythonの特長

コードがシンプルで短い

Pythonの最大の特長は、少ないコード行数で分かりやすいソースコードが書けるという点です。プログラミング学習で最初に行う「Hello World!」の表記において、Pythonがどのくらいシンプルなのか、他言語と比べてみましょう。

【Javaの場合】

public class HelloWorld {
     public static void main(String[] args) {
         System.out.prizntln("Hello World!");
     }
 }

【Pythonの場合】

 print( ‘Hello World!’ )

このようにコードの記述が非常に簡潔なため、初心者でも勉強しやすく使いやすいメリットがあります。コードを書く時間を短縮できるので業務効率アップにもつながるでしょう。エラー箇所も分かりやすいので、後から修正したいときもスムーズです。

ライブラリが豊富

Pythonには、開発に役立つプログラムをまとめた「ライブラリ」が用意されています。ライブラリの数は数万にもおよび、行列計算やグラフ作成・顔認識や暗号化など多岐にわたります。既存のライブラリを活用することで、複雑なコードを一から自分で実装せずとも簡単にプログラミングが可能です。

フレームワークが充実

PythonにはWebアプリやWebサービスを効率よく開発するためのフレームワークが提供されています。ログイン処理や画面遷移・セキュリティなどWebアプリ・Webサービス開発の上で必要不可欠なプログラムを、フレームワークを使って手軽に構築できるのです。中でも人気なのは、「Django」や「Flask」「Bottle」など。あのInstagramも、Djangoのフレームワークを使って構築されています。

Excel、Chromeなど日々の業務ソフトの自動化がしやすい

Excelなど日々業務で使うソフトを自動化できるのもPythonの良さ。例えば「VLOOKUPで売上のシートから請求書シートを新たに作成する」「ブックやシートを一気に作成する」などの動作をPythonで自動化できます。
またPythonには「スクレイピング」と呼ばれる特徴があり、例えば「Google Chromeを立ち上げて特定のサイトのリンクを集めて一気にダウンロードする」などよく行う動作をあらかじめプログラミングしておけば、楽に作業が行なえます。
「Twitterで決まった時間に自動投稿する」など、SNS関連の自動化も可能です。

コーディング後リアルタイムで動作確認ができる

コーディング後にプログラムの動作確認がリアルタイムにできるというのも、Pythonの魅力の1つ。これはPythonがプログラム実行時にソースコードをそのまま読み込める「インタプリタ型」という仕様だからです。

プログラミング言語には「インタプリタ型」のほか、コーディング後に「コンパイル」という作業を行い、ファイルを読み込んでからプログラムを実行する「コンパイラ型」もあります。
コンパイラ型の場合、実行前にコードの間違いを確認できるメリットがある反面、記述したコードはリアルタイムで動作確認できません。一方、「インタプリタ型」である Pythonなら、「ちょっと書いてすぐに確認」が可能。特にプログラミング初心者の方にとっては、使いやすい仕様だといえるでしょう。

今Pythonが注目されている理由とは

AI(人工知能)・機械学習の開発に活用されている

Pythonは、AIや機械学習(ディープラーニングやニューラルネットワークなど)の開発分野で広く活用されています。その理由のひとつは、Pythonが統計処理や数値計算・データ解析を得意とする言語だからです。
 
具体的な例としては、機械学習の開発において、Pythonで動作するTensorFlow(テンソルフロー)というフレームワークが活用されています。また、もっと身近な例でいえば、Webの検索結果表示やSNSの顔認証・SiriやAlexaなどの音声認識・カーナビなどにも、 Pythonを活用したAI技術が利用されています。

さまざまなWebアプリケーションの開発に活用されている

PythonはAIやディープラーニングだけでなく、組み込みアプリ開発やWebサイト構築・デスクトップアプリケーションなど、さまざまな分野で使えるプログラミング言語です。Pythonが用いられているWebサービスには以下のようなものがあります。

  • YouTube
    主にバックエンドで動画処理やデータの読み込みなどに活用
  • Instagram
    Python の代表的なフレームワーク「Django」で構築
  • Google
    GmailやGoogle MapsのバックエンドでPythonを使用
  • PayPal
    不正な決済の検出に、ディープラーニングのライブラリ「TensorFlow」を使用
  • Dropbox
    93万行にも及ぶ膨大なソースコードのすべてがPythonで書かれている

まとめ

コードの書きやすさ・汎用性の高さから、さまざまなアプリケーション開発に用いられている Python。今後もますます需要が高まっていくと見込まれています。エンジニアとしてスキルアップしたい方はもちろん、新たなプログラミング言語を身につけたい方・これからプログラミングを始めたい方も、ぜひこの機会にPythonの学習を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事:プログラミングとは?子供に説明する前に読んでおきたい3冊


超高速インターネット 速さで選ぶならeo光

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事