パソコンのデータ移行方法。「パソコン工房」がおすすめする下準備やツール

パソコンを買い替えたとき、古いパソコンから新しいパソコンへ大切なデータやメールアカウントの移行がうまくできるか、不安になりませんか?
今回はメールアカウントやドキュメント、画像、音楽ファイルなどの安全な移行方法をパソコンの専門店である「パソコン工房」にインタビュー。注意すべきポイントなどを教えてもらいました!

ライター:CLIP編集部

パソコンのデータ移行前の準備や注意点

パソコンのデータ移行前の準備や注意点

パソコンのデータ移行の準備は整理するデータ量やパソコンの処理速度にもよりますが数時間から半日、場合によってはそれ以上と、非常に長い時間を要します。余裕を持った移行計画を立てておきましょう。
移行準備の第一段階はデータの整理です。外付けストレージや移行ツール、クラウドストレージなどを利用して新しいパソコンに移行したいデータをアップロードします。

パソコン工房からのアドバイス

例えばドキュメントの中に「新しいパソコンに持っていく用」などのフォルダを作成し、その中に必要なデータをまとめましょう。いろいろなところにデータが散らばっていると、あとから「あれがない、これがない」となりかねません。データ移行の準備段階では、今後も使うものについてはできるだけまとめておくというのが一番有効なポイントです。
最近はパソコンでゲームをされる方も多いと思います。セーブデータもクラウド上ではなくパソコンのローカル上に保存されていることもあるので、まとめてフォルダなどに入れておきましょう。

新しいパソコンが届いたらやるべきこと

新しいパソコンが手元に届いてから移行までにやるべきことは2つ。それはインターネットの接続と新しいパソコンのセットアップです。

パソコン工房からのアドバイス

基本的に新しいパソコンでは、オンラインでWindowsのライセンス認証が必要です。まずはインターネットへの接続を行いましょう。新しく使うパソコンの起動確認とライセンス認証を行うことで初期不良に由来するトラブルを防止することもできます。

主なデータ移行手段を比較

データの移行手段としてのおすすめは? 主な移行手段を紹介します。

「外付けストレージ」でのデータ移行

「外付けストレージ」でのデータ移行

古いパソコンにある必要なデータを外付けHDD(ハード・ディスク・ドライブ)やUSBメモリにコピーし、新しいパソコンのセットアップ完了後に接続してデータを移す方法です。外付けHDDやUSBメモリを別途用意する必要はありますが、大容量のデータを比較的スムーズに移行することができます。移行するデータ量が少なければUSBメモリで対応できますが、新しいパソコンへのデータ移行となると、膨大なデータ量になることがほとんどです。その場合は外付けHDDやSSDなどを用意しましょう。
この方法で移行する際は、可能な限り処理速度の速いデバイスを準備したほうが、時間の短縮につながりおすすめです。

パソコン工房からのアドバイス

おすすめは、USB3.0接続のSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を搭載した外付けストレージです。処理速度が速く、入手性も高くなってきました。

「クラウド」でのデータ移行

クラウドサービスでデータ移行を行う方法もあります。この方法は記録用デバイスが必要ないことが大きなメリットとなります。
クラウドサービスでデータ移行する場合の一つの例となりますが、古いパソコンから必要なデータを選択しクラウド上にアップロード。その後インターネットに接続した新しいパソコンからそのクラウドにログインすればデータが取り出せるといった手順をとるものなどがあります。新しいパソコンから利用されるクラウドサービスにログインするためのIDやパスワードは忘れずにおきましょう。

パソコン工房からのアドバイス

クラウドサービスは無料のものだけでなく、データ容量によって有料となるものもあります。機能面でも普段からデータのバックアップ先として使えたり、外出先からデータを共有してネットワーク上で使えたり、様々なツールとのデータ共有機能があるなど移行後も利用できるサービスもあります。そういったメリットも考慮にいれて選択されればよいでしょう。

・関連記事:ファイル共有のおすすめサービスと安全に使う注意点

インターネット環境を見直したい方は一度eo光の光回線をご検討ください。

用途にあったデータ移行手段選ぼう

どの移行手段を選ぶべきなのか? パソコン工房さんに訊いてみました。

確認しながらファイル移動できる外付けストレージを用いたデータ移行方法がやはり一般的ですが、日常的にクラウドでのデータ保管・共有を行っている方はクラウドでの移行の方がスムーズに進められる場合があります。このように使い方によってどれも一長一短があるため、上の記事を参考に最適なものをぜひ選択してください。それでも作業に不安を感じられる場合は、ぜひお近くのパソコン工房へご相談ください!

まとめ

データ移行では「すべて問題なく移行できたか?」など不安が残る場合があります。
そのため注意点をよく知ったうえで、自分に合った正しい手順と移行方法を選びましょう。「パソコン工房」ではデータ移行サービスも行っているので、ぜひお試しを。
そして、データ移行の際、余裕をもって行うために日頃のバックアップ習慣を徹底しましょう。

定期バックアップを忘れないか心配な方には、「あんしんデータ保存 for eo (AOSBOX)」がおすすめ。

  • 容量無制限
  • 自動バックアップ
  • クラウドにファイルを超高速アップロード
  • 10世代分のファイル履歴が残る

など、「もしも」のときに備えておくと安心なサービスです。大事なデータの保存に検討されてみてはいかがでしょうか。

あんしんデータ保存 for eo (AOSBOX)

・関連記事:パソコンのバックアップ方法。システムの復元とおすすめ保存メディアも

稲田 慎也 さん

プロフィール

稲田 慎也

全国に70店舗以上を展開するパソコン専門店、パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコムに所属。主にショップ・製品のプロモーションを担当。
過去に広告会社で働いていた経験を活かした、お客様視点を持った販促活動を心掛けている。
趣味はフィルムカメラとサウナ、最近は見た目にこだわった自作PCの組立を密かに考えている。
パソコン(PC)通販のパソコン工房【公式】


【関西でネット回線をお探しなら】 eo光は15年連続お客さま満足度 No.1!
※RBB TODAYブロードバンドアワード2021 キャリア部門エリア別総合(近畿)

詳しくはこちら

さらに期間中にeo光ネットを新規にご契約のお客様の中から、抽選で100名さまに42,195円分のAmazonギフト券をプレゼント!
(キャンペーン期間:2022年10月1日~2023年1月15日)
適用条件など、詳しくは特設ページをチェック!
eo光10ギガマラソンキャンペーン 抽選で100名様42,195円分のAmazonギフト券が当たる!

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 株式会社オプテージ

    CLIP編集部

    ご自宅でお仕事やエンタメを楽しむユーザーに向けて、回線の困りごと解決や、パソコンを使いこなすノウハウ、エンタメ情報などをお届けしています。運営元:株式会社オプテージ

関連記事