モバイルルーターとは?おすすめの選び方やメリット

今回はモバイルルーターのおすすめの選び方やメリット・デメリット、またデメリットの対処法の1つとして光回線についても紹介します。

ライター:CLIP編集部

モバイルルーターとは?

モバイルルーターとは?

モバイルルーターとは、小型サイズのWi-Fi通信端末です。自宅で利用できるのはもちろん、コンパクトで持ち運びやすく、外出時のインターネット利用にも適しています。手のひらに収まるほどのサイズのものが多いですが、十分な通信スピードが確保されており、機種によっては30台同時接続ができるタイプも。バッテリーの駆動時間に限界がある、機種や使用環境によっては通信が不安定になるといったデメリットはありますが、どこでも手軽に使える便利な通信端末です。

モバイルルーターのメリット・デメリット!どんな人におすすめ?

モバイルルーターのメリット・デメリット!どんな人におすすめ?

モバイルルーターのメリット・デメリットと、どんな人におすすめかを解説します。

メリット

まずはモバイルルーターのメリットをご紹介します。

外出先でも使える

モバイルルーターの最大のメリットは、外出先で使えるという点です。スマートフォンと同程度のサイズと重さで持ち運びの負担が少なく、時間や場所に縛られることなくインターネットを利用できます。

工事不要

工事が不要ですぐに利用できるのもモバイルルーターのメリットです。固定回線の場合、ネットの利用ができるようになるまで数週間以上かかるケースもありますが、モバイルルーターであれば契約後すぐに利用できます。すぐにネットを利用したい方におすすめです。

モバイル通信と組み合わせて通信費用を抑えられるプランも

スマホとモバイルルーターを組み合わせて契約することで、通信費用が抑えられることがあります。通信会社によってプランはまちまちですが、この制度を利用することで「月々の通信料金を抑えつつ、データ容量を増やす」ことができます。

デメリット

モバイルルーターのデメリットをご紹介します。

通信制限がある

使用できるデータ量に制限があることがモバイルルーターのデメリットです。契約したデータ量を超えてしまうと、通信速度が落ちてしまいます。また月単位では使い放題のプランであっても、実は3日間で設けられた容量制限を超えると一時的に通信速度が落ちてしまうなど、事業者によってはルールがある場合もあります。

電波障害が発生しやすく通信が不安定

モバイルルーターは、使用する環境によっては通信障害が発生します。ビルなどの建物が障害になり通信速度が落ちることもあり、インターネットが利用できなくなることがあります。

サービス提供エリアの制限がある

モバイルルーターは、ほとんどの都市部で利用できますが、場所によっては電波が弱く通信速度が落ちる場合があります。サービス提供エリアを契約前に調べておくことをおすすめします。

モバイルルーターはどんな人におすすめ?

メリット・デメリットを踏まえて、どんな人にモバイルルーターをおすすめできるか解説します。

外出が多く外でネットを利用する機会が多い方

モバイルルーターはコンパクトで持ち運びがしやすいため、通勤・通学などの移動時間を活用したい、仕事で外回りや出張が多く外出先でのネットしたいという方におすすめです。

建物の都合で工事が出来ない方

賃貸のマンションやアパートの場合、回線を引き込むための工事ができないことがあります。モバイルルーターは工事不要なため、このような場合は便利に活用できます。

モバイルルーターを選ぶ際のポイント

モバイルルーターは、対応エリア・データ容量・料金などが通信会社や選ぶプランによって異なります。モバイルルーターを選ぶ際のポイントをご紹介します。

対応エリアを確認する

使いたいエリアに対応しているかどうかを確認しましょう。各通信会社のホームページ上で対応エリアを公開しています。

用途に合わせてデータ使用量を選ぶ

モバイルルーターのプランには、使用可能なデータ量が決まっているパターンと、無制限のパターンがあります。事前に月々必要なデータ通信量を把握し、自分に合ったデータ容量で契約することをおすすめします。

料金プランを確認する

対応エリアやデータ通信容量を確認できたら、次に料金プランをチェックしましょう。新規契約の場合、キャッシュバックや端末レンタル無料など、通信会社によってさまざまなキャンペーンを実施しています。

モバイルルーターのデメリットが気になる方は光回線の検討を

「モバイルルーターを自宅で利用したい、でも通信速度がやっぱり不安……」という方は、光回線を検討しても良いかもしれません。ここでは光回線のメリットをご説明します。

月間の使用可能量は実質無制限

データ容量を気にせずにインターネットを利用したい方には光回線がおすすめです。光回線にもデータ容量がありますが、例えば「eo光」のデータ容量上限は2TB~20TBです。「家庭での使用データ量は多くても数百GB」ということを考えると十分すぎる程のデータ量で、実質無制限に利用できるといえるでしょう。

固定回線のため通信が安定している

光回線は、物理的な回線を利用してインターネットを利用する固定回線です。モバイル回線よりも通信障害が発生しにくく、複数の端末の同時接続や容量の大きなデータの送受信でも安定した通信環境を確保できます。

固定回線のため通信が安定している

キャンペーンを利用することで通信料金がリーズナブルに

光回線ではさまざまなキャンペーンを用意しています。「新規申し込み時の商品券プレゼント」「標準工事費実質無料や他社違約金補填」などのキャンペーンを利用することで、月々の通信料金や初期費用を抑えられます。

まとめ

モバイルルーターは持ち運びがしやすく、工事不要で即日利用可能な通信機器です。ただし、通信制限や接続が不安定などのデメリットもあります。モバイルルーターのデメリットが気になる方は、ぜひ光回線も選択肢に入れてみてください。固定回線のため工事が必要ですが、月々実質無制限で高速・安定した通信環境を実現でき、ストレスなくネットを利用できます。

現在eo光では10ギガ/5ギガ/1ギガ、どのコースでも3,280円(最大1年間)のキャンペーンをおこなっています。特に10ギガコースは通常の月額料金(6,530円)の約半額ですので要チェックです。また、以下のようなお得な特典も用意しています。

  • au、UQMobileやmineoとeo光とのセット割でスマホ料金がお得
  • 他社からお乗り換えの場合、違約金や端末費用の残債をeoが補填(条件あり)
  • eo暮らしスタート割なら気になる標準工事費(29,700円)は実質無料

詳細はキャンペーン・割引ページをチェック!

固定回線の料金が気になる方は、これらのキャンペーンや特典の利用も検討してみてください。ただし、光回線は申し込みから利用開始まで標準1カ月で、場合によってはそれ以上にかかることもあります。急ぎの場合は対応できないこともあるため注意しましょう。また、eoなら折り返し電話予約やチャットでのお問い合わせも可能です。気になることがある方はお気軽にご相談ください。

※キャンペーンは予告なく終了および内容を変更する場合がございます。


【関西でネット回線をお探しなら】 eo光は16年連続お客さま満足度 No.1!
※RBB TODAYブロードバンドアワード2022 キャリア部門 エリア別総合(近畿)第1位(2023年1月発表)
2007年~2022年16年連続受賞

詳しくはこちら

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 株式会社オプテージ

    CLIP編集部

    ご自宅でお仕事やエンタメを楽しむユーザーに向けて、回線の困りごと解決や、パソコンを使いこなすノウハウ、エンタメ情報などをお届けしています。運営元:株式会社オプテージ

関連記事