回線速度は速いのにダウンロードが遅いのはなぜ?原因と対処方法

ネット回線が遅い訳ではないのに、ダウンロードに時間がかかり、イライラした経験はありませんか? 回線速度は速いのにダウンロードが遅い場合に考えられる原因と対処法について解説します。

ライター:CLIP編集部

ダウンロード速度が遅い原因とは

ダウンロード速度が遅い原因とは

まずはダウンロードが遅い原因とアップロード・ダウンロードの速度差について解説します。

原因は端末・サーバー・回線…どこにある?

パソコンやスマートフォンなどの端末がインターネットに接続するには、ルーター・ONU(光回線終端装置)・モデム、回線、複数のサーバ-……など、複数の場所を経由していきます(端末に接続する経由はこの限りではありません)。

「端末・サーバー・回線」のいずれかでトラブルが発生していると、ネットに繋がらない、またはダウンロードだけが遅いといった問題が発生します。回線速度は速いのにダウンロードが遅い場合は「端末・サーバー・回線」のどこにトラブルがあるかを確認し、原因に合わせて対処する必要があります。原因と対処方法については次項で詳しく解説します。

ダウンロード速度とアップロード速度には違いがある

ダウンロード速度・アップロード速度は、どちらもネット回線速度に影響を受けますが、以下のような違いがあります。

ダウンロード:ネットワーク内のサーバーから自分の端末にデータを転送する

アップロード:自分の端末内のデータをネットワーク上のサーバーに転送する

ダウンロードはサーバーから端末にデータ転送する「下りの通信」、アップロードでは自分の端末からサーバーにデータ転送する「上りの通信」を利用します。

ブラウザー上でのサイト閲覧やSNS利用のような、サーバーから端末へのダウンロードを利用するユーザーの割合や機会は多い傾向にあります。ダウンロードの利用が多いと負荷がかかりやすく、回線は遅くなりやすくなります。またアップロードはできても、ダウンロードだけが遅いという状態にもなりやすいでしょう。

回線速度は速いのにダウンロードが遅くなる代表的な9つの原因と対処法

回線速度は速いのにダウンロードが遅くなる代表的な9つの原因と対処法

回線速度は速いのにダウンロードが遅い時に考えられる9つの原因と、それぞれの対処法について解説します。

1.端末のスペックが低い

考えられる原因のひとつが「端末のスペックの低さ」です。購入から年数が経っている、価格を優先し低スペックの機種にした場合などは、端末のスペックの低さが原因でダウンロード速度が遅くなる可能性があります。

・対処方法

端末の購入から年数がたっている、またはCPU・メモリ・HDD(SSD)が低スペックの物を使用している場合はスペックの高い端末へ買い替えることでダウンロード速度が速くなる可能性があります。またハードディスクの経年劣化が原因でダウンロードが遅くなっている場合は、ハードディスクを交換することでダウンロード速度が解消されることもあります。パソコンは購入から3〜5年、スマホは4〜5年、ゲーム機は約5年が買い替えの目安といわれています。

2.OS・アプリ・ブラウザーのバージョンが古い

OS・アプリ・ブラウザーのバージョンが古い場合も、ダウンロード速度が低下しやすくなります。端末のOSや端末内のアプリ・ブラウザーのバージョンが古いままだと、データ処理が追い付かずダウンロードが遅くなるのです。

・対処方法

OS・アプリ・ブラウザーのバージョンを定期的に確認しましょう。最新のものでない場合は、すぐに更新してみてください。ただ、端末自体が古い場合、新しいOSに更新できないことがあります。その場合は端末の買い替えが必要になります。

3.複数のアプリ・ソフトを同時に起動している

ひとつの端末やブラウザーで、複数のタブ・アプリ・ソフトを同時に起動している場合、メモリ不足からダウンロードが遅くなることがあります。

・対処方法

バックグラウンドを確認し、使っていないタブ・アプリ・ウィンドウを全て閉じましょう。実際に使用していなくても、バックグラウンドで起動されていると、それだけでメモリが圧迫されます。 Windowsの場合、タブを閉じるには「Ctrl+W」キー、ウィンドウを閉じるには「Alt+F4」キーを使います。不要なタブやウィンドウを整理してもダウンロード速度が改善されない場合は他に何か原因がある可能性もあります。この場合「Ctrl+Alt+Delete」キーで「タスクマネージャー」を表示し、他にメモリを圧迫しているプログラムがないか確認しましょう。

・関連記事:Windowsパソコンのメモリ不足の原因と6つの解消法

4.端末本体のデータ整理・削除をしていない

余計なファイルやアプリが端末の容量を圧迫し、必要なファイルのダウンロードに時間がかかってしまっている可能性があります。また、Webブラウザーにはユーザーの利便性を向上させる拡張機能が追加できるようになっています。こういった拡張機能が邪魔をしてダウンロード速度が落ちることもあります。

・対処方法

パソコンの場合、不要なファイルやデータをゴミ箱に入れ、ゴミ箱からも消去します。使っていないアプリはアンインストールしましょう。スマートフォンの場合、不要なアプリがあれば削除しブラウザーに溜まっているキャッシュを消去するなど、端末内を整理しましょう。端末内のメモリに余裕ができるだけで、ダウンロード速度が速くなることもあります。またWebブラウザーは一時的に拡張機能をオフにしてダウンロード速度が改善されるか試してみてください。

5.ダウンロードしたいデータが大きすぎる

契約している回線の下り速度の目安に対してデータが大きすぎてダウンロードに時間がかかる場合があります。

・対処方法

回線速度の単位は「bps(bit per second/ビット毎秒)」と表示され、このbpsの数字が大きければ大きいほど、1秒間で送ることができる容量が多くなります。1000bps以上は「kbps」「Mbps」「Gbps」と表されます。契約している回線速度の目安に対してダウンロードデータが大きすぎると速度が低下するため、オンラインゲームの初期のデータダウンロードや、4K・8K動画のストリーミングなど、大きなデータを頻繁にダウンロードする際は、5ギガ・10ギガなどの回線への変更を検討した方がよいかもしれません。

6.サービス提供側のサーバーに負荷がかかっている

多くのユーザーが同時間帯に同じデータをダウンロードしているとサーバー側が情報を処理しきれなくなり、ユーザー側のダウンロードに遅延が生じます。

・対処方法

サービス提供側のサーバーに負荷がかかっている場合は、別の時間帯で利用することをおすすめします。混雑を避けた時間帯にアクセスすることで、ダウンロードの遅延が解消されます。動画視聴サービスなどは比較的夕方以降が混雑する傾向があります。ダウンロード速度に左右されず、ゆっくり動画を楽しみたい場合は昼間の混雑を避けた時間帯にコンテンツをダウンロードし、夜に視聴するという方法を取りましょう。

7.ルーターなどの周辺機器のスペックが低い

ルーターなどの周辺機器のスペック不足が原因で、ダウンロードが遅くなることがあります。周辺機器のスペックが低いと、どれほど速い回線契約をしていても通信速度は落ちてしまいます。

・対処方法

周辺機器のスペックが原因の場合、以下の基準で周辺機器の変更を検討してみてください。

・ルーター:無線LAN規格が11nもしくは11ac以上のタイプを選ぶ

・有線LANポート:最大速度がWAN側・LAN側どちらも1Gbpsのものを選ぶ

・LANケーブル:ネットを頻繁に使う場合は「LANケーブルカテゴリ6(CAT.6)」、動画コンテンツを快適に観たい場合は「カテゴリ6A (CAT.6A)」、オンラインゲームをする場合は「LANケーブルカテゴリ7(CAT.7)を選ぶ

周辺機器を確認し、スペックが基準を満たしている場合は、他に原因がある可能性が高いです。もしスペックが足りない場合は、交換や買い替えを検討しましょう。

・関連記事:LANケーブルの選び方。おすすめカテゴリを用途別に紹介

8.セキュリティーソフトの問題/コンピュータウイルスに感染している

パソコンにセキュリティーソフトを入れている場合、外部からの不正な侵入を防ぐフィルター機能によって、通信制限がかかることも。その影響でダウンロード速度が遅くなることがあります。また、そもそもセキュリティーソフトを入れていない場合は、端末にコンピューターウイルスが感染してダウンロード速度が低下することがあります。

・対処方法

まずはセキュリティーソフトの設定を確認しましょう。セキュリティーソフトの設定は、お使いのパソコンのセキュリティーセンターなどで確認できます。セキュリティーセンターから各機能の設定を見直してみてください。また、セキュリティーソフトが最新の状態に更新できていない場合、更新することで通信速度が改善することがあります。セキュリティソフトを入れていない場合は、ウイルス感染の疑いがあります。ウイルス対策ソフトで感染の有無を確認し、感染が確認できた場合は駆除しましょう。

関連記事:パソコンがウイルスに感染しないための予防と対処法を専門家に聞いた

9.通信制限がかかっている

データ容量に制限があるサービスを利用している場合、利用上限を超えると通信制限がかかります。通信制限がかかると回線速度が著しく低下し、ダウンロードにも時間がかかるようになります。ただし、通信制限はダウンロードだけでなく通常のネットも同時に遅くなることがほとんどです。

・対処方法

使用できるデータ量の多いプランへ変更するか、必要な容量を追加購入しましょう。 また容量制限のない光回線なら、通常のインターネット利用であれば通信制限がかかることはありません。今のサービスからの乗り換えを検討しましょう。

まとめ

回線速度は速いのにダウンロード速度が遅いときは、端末・サーバー・回線のどこに原因があるかを確認し、紹介した対処法を試してみてください。端末にも回線にも問題なく、サーバーが原因の場合、ユーザーにできることはほとんどありません。ダウンロードする時間帯を変更するなど、時間をおいてから再ダウンロードしてみましょう。


【関西でネット回線をお探しなら】 eo光は15年連続お客さま満足度 No.1!
※RBB TODAYブロードバンドアワード2021 キャリア部門エリア別総合(近畿)

詳しくはこちら

さらに期間中にeo光ネットを新規にご契約のお客様の中から、抽選で100名さまに42,195円分のAmazonギフト券をプレゼント!
(キャンペーン期間:2022年10月1日~2023年1月15日)
適用条件など、詳しくは特設ページをチェック!
eo光10ギガマラソンキャンペーン 抽選で100名様42,195円分のAmazonギフト券が当たる!

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 株式会社オプテージ

    CLIP編集部

    ご自宅でお仕事やエンタメを楽しむユーザーに向けて、回線の困りごと解決や、パソコンを使いこなすノウハウ、エンタメ情報などをお届けしています。運営元:株式会社オプテージ

関連記事