4Kモニターでゲームを楽しむ!選び方や注意点は?

話題タイトルが日々続々発売され、PlayStationの新ハードが登場したりと注目を集め続けるゲーム業界。内容の面白さはもちろんですが、最近のゲームの映像美の進化はめざましいものがあります。
今回は美しいゲーム映像を存分に楽しめる「4Kモニター」について説明します。4Kというと高価なイメージがありますが、最近では2万円台からと安価なものも増えて、手が届きやすくなってきています。
モニターの選び方や注意点などをしっかりと解説しますので、これから4Kモニターの購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください!

4Kモニターって何?とにかく映像美がすごい!

FULLHDと4Kの違い

4Kモニターは「画面の密度を示す解像度数値が3840×2160のモニター」を指します。一般的なフルHDの解像度は1920×1080なので、簡単に言えば「フルHDの4倍キレイな映像が見れるモニター」ということです。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
画面密度が濃いため細部まではっきりと映してくれる4Kモニター。ゲームプレイの上では文字がくっきり見れたり、遠くの敵がはっきりと表示されるため、有利に働く場面が多いのです。

参考記事:新4K8K衛星放送を見るには?対応テレビ以外に必要な準備を解説

4Kモニターの選び方!サイズと駆動方法をチェック

4Kモニターの選び方について説明します。

4Kモニターの適切なサイズは?大きすぎると疲れる場合も!

4Kモニターの適切なサイズは?大きすぎると疲れる場合も!

4Kの映像を美しいまま見たいのあればモニターの高さ×1.5倍の距離を離れるのが最適といわれています。まずは設置したい場所やデスクのサイズを計りましょう。

デスクの奥行きが60cmほどであれば、モニターとの距離は大体50cm。つまり「50cm÷1.5=33.3…cm」が適切なモニターの縦サイズになるため、27インチのモニターが最適。ただ、モニターが大きすぎるとゲーム中の目線の移動が激しく疲れやすくなるため、少しサイズダウンさせるとよいでしょう。

モニターの液晶パネルの種類を比べる

液晶パネルには主に3種類あり、それぞれ特徴があります。

反応速度が早くゲーム用に最適な「TNパネル」

「TNパネル」は高いリフレッシュレート性能を活かして遅延なくゲームを楽しむことができます。比較的安価で手に入れられるのも特徴です。
ただ正面以外からモニターを見ると明るさが落ちたり色が変化したりしてしまうので、注意が必要です。

どの角度から見ても美しい「IPSパネル」

IPSパネルは、正面以外から見ても画面の美しさがほとんど変わりません
モニターを正面に置けない場合や、2画面でゲームをしたい場合などに最適です。色の再現度は高いのですが黒の表現が弱く、やや物足りない映像と感じる可能性もあります。

正面の美しさは抜群の「VAパネル」

黒色の再現度が高く、コントラストがはっきりと出る「VAパネル」。正面から見る映像の美しさは随一で、斜めからでも(正面よりは若干劣りますが)見やすいのが特徴です。
しかしゲームでは応答速度(ボタンを押してから画面上のプレイヤーが動作を開始するまでの速度)はあまり高くないので、ゲーミング用ではなく映画鑑賞などのモニターに適しています。

4Kモニターのリフレッシュレートと応答速度は要確認

4Kモニターのリフレッシュレートと応答速度は要確認

滑らかな動きを再現するリフレッシュレート

リフレッシュレートはモニターが1秒間に画面を切り替える回数の数値化したものです。例えば1秒間に100回切り替えるのであれば「100Hz」と表示されます。数値が高ければ高いほどより滑らかな映像というわけです。
一般的な4Kモニターは60Hzですが、ゲーミング用であれば120Hzや144Hzのモデルがおすすめ。

応答速度がゲームの勝敗の分かれ道

反射的な操作が必要とされる多くのゲームでは、応答速度が生死を分けます。一般的なモニターは5msですが、ゲーミング用で購入する場合は反応速度が「1ms」と仕様にある4Kモニター探すとよいでしょう。

4Kでゲームをするには?他に用意するもの。

4Kでゲームをするには?他に用意するもの。

4Kモニターだけでゲームはもちろんできません。4K出力に対応しているゲーミングPCやコンシューマゲーム機、そして対応ソフトが必要です。

ここで注意したいのがゲーミングPCやゲーム機の性能です。
通常のHD出力に比べて4Kでの出力はとても高い負荷がかかるため、ゲーミングPCの場合、性能の高いものを用意しなければ十全に4Kでゲームを楽しむことは難しくなるでしょう。
リフレッシュレートや応答速度など、高性能の4Kモニターを購入しても、パソコンやゲーム機がその速度に対応していなければ、モニターの機能を全て発揮することはできません。

自分が所有していたりこれから購入を考えているゲーミングPCやゲーム機の性能を確認しておきましょう。ゲーミングPCの場合、メーカーによっては人気タイトルでの動作確認結果を掲載していることがあります。グラフィックボードやグラフィックメモリ ( VRAM ) といった数値が4K出力には関わってくるため、こちらもチェックされるとよいでしょう。

4Kモニターでのプレイにおすすめのゲームタイトル3選

4Kモニターなどプレイ環境が整ったら、最後はゲームタイトルです。
とにかく映像が美しく、没入感が味わえるCLIP編集部おすすめのタイトルを3つご紹介したいと思います。

1.フォートナイト

フォートナイト

大人から子供まで世界中のゲーマーに愛されるバトロワゲーム『フォートナイト』。4Kでのプレイは、草や木が爆発に合わせて動いたり、煙などの動きが滑らか。マップ上に配置されているオブジェクトもリアルで、没入感が味わえる仕様に仕上がっています。

関連記事:https://yourclip.life/post/what-is-fortnite/

2.コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー

コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー

大人気FPSシリーズの最新作である『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』 も4Kに対応しています。美麗なゲーム映像はエイム調整(攻撃の照準合わせ)での利点になりますが、それ以上に迫力満点の戦場が体験できるのが魅力的。リアルタイムトレーシング機能を使っており、水面に映りこむ光や爆発など、陰影を現実に近いレベルで感じられます。

3.Demon’s Souls(デモンズソウル)

デモンズソウル

「死にゲー(すぐゲームオーバーになってしまうゲーム)」として名高い『Demon’s Souls』。2009年の発売以来、数多のプレイヤーの心を折ってきたアクションRPGのフルリメイク作です。中世ヨーロッパのような街並みや圧倒的なボスのビジュアルなど、細部まで描かれたグラフィックには見とれてしまうはず。

まとめ

おうち時間を大切にするようになった今だからこそ、趣味こそ高スペックにするのもよいかもしれません。4Kモニターに対応するゲームタイトルが続々と増えているので、高い臨場感と没入感を堪能することができるはずです。
オンラインでの対戦で勝利を飾りたいのであれば、インターネット回線の速度はもちろんだけど、モニターの性能も上げるのも1つの手。ぜひお試しあれ!


関西広域で高品質なサービスを提供するeoの10ギガ回線、ゲームのダウンロードやプレイ動画の配信/視聴、複数でのオンライン対戦など、eスポーツのプレイに必要な大容量通信をストレスフリーにご利用いただけます。

関西でeスポーツを楽しむならeoが一番!eスポーツ with eo


公開日:2021年04月09日

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事