Apple「M1」チップは何がすごい? そもそもチップセットとは何か解説

2021年10月に発売されたMacBook Proにチップセット「M1 Pro」「M1 Max」が搭載。クリエイターなどプロフェッショナル向けに特化したMacに進化しました。
そもそもチップセットとは何で、コンピュータ内部でどんな役割をしているのでしょうか? 今回は「M1 Pro」「M1 Max」の違いと、チップセットとはそもそも何かまで解説します。

チップセットとは?

チップセットを説明する前に、まずはパソコンを動かす重要なパーツについて説明します。

CPU(中央演算処理装置)とは

CPU

CPU(Central Processing Unit)とは、パソコンの核であり、情報処理の速度に直結するパーツ、いわばパソコンの「脳」の役目を果たしています。マウス・キーボード・HDD・メモリ・周辺機器などからデータを受け取り、制御・演算を行います。

メモリとは

メモリ

メモリとは、データやプログラムを一時的に記憶するパーツです。パソコンを操作するときに処理するデータをメモリ上で一時的に保存します。CPUは、このメモリ上のデータにアクセスして計算をおこないます。最近のパソコンでは8GBが標準で、動画編集やPCゲームを行う方は16GBや32GBあればスムーズに動作するといわれています。

・関連記事:パソコンの動きが重い・遅い=PCのメモリ不足が原因かも。解消法をご紹介!

HDDとは

HDD

HDD(Hard Disk Drive)とは、書類データ・画像・動画などパソコンで使うさまざまなデータを保存・格納するストレージ(外部記録装置)です。
HDDがいっぱいになるとデータの保存ができないため、作業もできなくなります。いつでも空きがあるように管理しましょう。
現在のMacのストレージはHDDではなく、よりアクセスが速いとされるSSD(Solid State Drive)です。CPUと同様にMacの高速な処理スピードを担っています。

チップセットとは

チップセット

チップセットはCPUをサポートし、パソコンを動かすためのデータの仲介や制御を行う装置です。パソコン内部のマザーボードと呼ばれる基板にはCPU(中央演算処理装置)やメモリ・電源・ディスプレイ・マウス・キーボードなどコンピュータを動かす上で重要な部分のすべてが繋がっており、その橋渡しをするのがチップセットなのです。

パソコンの性能を左右するチップセット

各パーツ間のデータの橋渡し役であるチップセットはパソコンの性能に直結します。パソコンの用途に適さないチップセットを使用していると、たとえ最新のCPUや大容量メモリを搭載していてもパソコンの動きが劇的に速くなることはありません。
ただチップセットはマザーボードと一体となっていることが多く、後から交換することができません。パソコン性能に関わる大切なパーツだからこそ、妥協することなく自身のパソコンの用途に合ったチップセットが搭載されているマザーボードを選びましょう。

チップセットのシェア大手IntelとAMD

Windowsのパソコンではスペック表に、「インテル B560」「AMD B550」などと書いていることがあります。これがそのパソコンに搭載されているチップセットのことです。IntelやAMDは高いシェアを誇るチップセットのメーカーで、CPUやグラフィックドライバなどパソコン内部の重要装置を数多く開発しています。
Intelを使用するならIntelのチップセット搭載マザーボード、AMDを使用するならAMDのチップセット搭載マザーボードを選択します。

Appleが開発した「M1」チップとは?

M1チップ

Apple社は2021年に独自のチップセット「M1 Pro」「M1 Max」を発表。「Mac(Macintosh)」に最適な電力効率を目指して開発されたもので、処理スピードが高速になりました。 さらに動画や画像などの処理を行う専用回路「メディアエンジン」を追加。動画制作やビジュアルデザインを作る上で、大容量の素材やエフェクトを使用したクリエイティブをストレスなくハイスピードで行えるようになったとのこと。
ただし使用するアプリによっては不具合を起こす場合もあるので、その点は注意です。

動画編集で力を発揮する「M1 Pro」

「M1 Pro」チップセットを搭載した「MacBook Pro」はメモリチップが大幅に拡張されているため、ラグの無い作業が可能になっています。特に4Kや8Kなどの大容量の動画素材に対しては、優先的にメモリを割くなどプロの動画編集者にはありがたい仕様になっています。

モンスターマシン「M1 Max」

「M1 Max」は、「M1 Pro」よりも倍のメモリ帯域や「メディアエンジン」などを搭載。ターゲットにしているのは4Kビデオの編集や3Dモデリングなどのプロクリエイター。作業効率アップや高クオリティな制作がしたいと考えているのであれば、検討してみる価値はありそうです。

まとめ

ぜひ知っていてほしいのは「チップセットはパソコンの性能を左右する大きな要素である」こと。パソコンを買い替えるとき、自分が動画制作をしたいのか、PCゲームをしたいのか、パソコンの用途に合ったチップセットを選ぶことが、快適なパソコンライフへの近道です。


【関西でネット回線をお探しなら】 eo光は通信速度・安定性で満足度No.1!
※2020年度オリコン顧客満足度調査による

詳しくはこちら

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 株式会社オプテージ

    CLIP編集部

    ご自宅でお仕事やエンタメを楽しむユーザーに向けて、回線の困りごと解決や、パソコンを使いこなすノウハウ、エンタメ情報などをお届けしています。運営元:株式会社オプテージ

関連記事