たむらけんじ「コロナ禍を『梨泰院クラス』に救われた」

2020年にNetflixで配信されると日本でも熱中する人が続出した、韓国ドラマ『梨泰院クラス』。芸人・たむらけんじさんは新型コロナウイルスが流行した日々を『梨泰院クラス』に救われたといいます。配信以降、今でもNetflixのランキングに入ることが多い『梨泰院クラス』の何が人を惹きつけるのか。たむらさんに魅力を語ってもらいました。

プロフィール:たむらけんじ

ライター:平田提

『梨泰院クラス』は爽快な「駆け上がりストーリー」

たむらけんじ

――たむらさんは『梨泰院クラス』が大好きなNetflix番組だとか。

初めて観た韓国ドラマが『梨泰院クラス』やったんですけど、いきなり激ハマりしました。昔『冬のソナタ』が流行った頃は「聖地巡りしたい」って人がいても、当時はよく分からんかった。でもいまはよく分かる。いま、めっちゃ梨泰院(イテウォン)行きたいもんね。『梨泰院クラス』は韓国ドラマが面白いって気づかせてくれた作品。うれしいですよ、趣味が増えて。コロナ禍は『梨泰院クラス』に救われました。

――『梨泰院クラス』って一言でいうとどんなドラマでしょうか。

『梨泰院クラス』はよく「復讐劇」っていわれるんやけど、僕は「駆け上がりストーリー」やと思ってる。幾度となく打ちのめされても、巨大な敵に一人の青年が立ち向かっていく。ドロドロしてない。むしろ観終わったとき、爽快感があるドラマ。
僕たち芸人もね、上にいっぱい「敵」がおるんですよ。ダウンタウンさんとか、明石家さんまさんとか(笑)。誰かを蹴落とすことなく、自分の力でそこへ駆け上がっていかなあかん。そこは僕らと似てるんかもしれない。

主人公パク・セロイの魅力はまっすぐさ

パクセロイ
パク・セロイ(パク・ソジュン)。居酒屋「タンバム」を開き、ソウルの繁華街・梨泰院から飲食業界で下剋上を狙う。

――主人公パク・セロイの魅力は?

まっすぐさです。みんなそうなりたいけど、学校の集団生活や社会に出ると、信念を曲げなきゃいけないこともある。でもセロイはどんなときでも信念を貫き通す。憧れですよね。生まれ変わったらパク・セロイになりたいもん、僕。 

――印象に残ったシーンはありますか?

チャン・グンウォン
ことあるごとにセロイの前に立ちはだかるヒール、チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)。チャン・デヒの長男。

敵役のグンウォンってのがおんねんけど、とにかくこれがもう最悪なヤツで。セロイの居酒屋がピンチになったとき、嫌味っぽく「助けようか」って言うのよ。大企業・長家(チャンガ)の常務として権力を使うと。でもセロイは「俺は悪くないし、この結果を受け入れる」って。
後に店を手伝い始めるイソって子が「1回だけ我慢すれば」って言うんやけど、セロイは「今1回、最後に1回、もう1回、一瞬は楽になる。でも繰り返すうち人は変わる」と。

――良いシーンですよね。

チョ・イソとチャン・グンス
左:IQ162でインフルエンサーのチョ・イソ(キム・ダミ)/右:イソに想いを寄せるチャン・グンス(キム・ドンヒ)

派手なシーンちゃうんやけどね。これって「ずるいことしたらあかん」ってことだと思うのよ。ずるいことしたら近道になる。たとえ成功しても、ずるいことして成功があるんやって思いたくない。それはずっと僕、思ってて。このシーン観たとき「セロイと僕ちょっとかぶってるやん」って思った(笑)。

イソがボソっと「ウザい」っていうのよ。でもそのあとに「けどかっこいい」。これやねん! びっしり来てんねん、イソも。

――(笑)。

パク・ソジュン

セロイ役のパク・ソジュン、この人はすごい。久しぶりにグンウォンを見たときの顔とか、ほんまに憎んでるように見える。 
こんなこと言うとあれやけど、セロイはちょっと面白い髪型してるやん。でもあれが観る人を表情に集中させんのかなとか思ってた。『梨泰院クラス』観終わったあと、セロイみたいに前髪揃えたいと思ったもんね。 

コロナ禍でスア派からイソ派に。いち推しキャラはスングォン

――『梨泰院クラス』はセロイとチョ・イソ、オ・スアという二人の女性との三角関係も描かれます。たむらさんはどちらが好きですか?

オ・スア
セロイの幼馴染オ・スア(クォン・ナラ)

ずっとスア派やったねんけど……最近じわじわイソが来てんねん。恋愛するならスア、そばにずっとおってほしいのはイソかも。最初はイソは難しい子なのかなって思ってたけど、だんだんイソの魅力が分かってくる。強さも脆さもある内面も良いし、何より経営を支えてくれる頼もしい仲間。

このコロナ禍で一人の時間が増えて、考え方が変わったんかな。心穏やかになって、誰かに支えてほしい気持ちが強くなった。コロナ禍は人の心を変えた時期でもあるよね。

――好きなキャラクターは?

セロイの弟分的な、スングォンかな。紆余曲折あったんよねこの人は。刑務所でセロイに会って、まっすぐ突き進んでいるところに惹かれて最初の仲間になる。良い男友達っていうか、仲間ってええなあって思う。絶対裏切れへんよね、スングォンは。

――グンウォンの父でセロイの仇敵、長家グループ会長のチャン・デヒはどうですか?

チャン・デヒ
セロイの高校時代から強大な敵として立ちはだかるチャン・デヒ(ユ・ジェミョン)。

うそー嫌いやー。嫌いやけど、良い敵。生々しいよね。
てっぺんのとり方っていうか、実際そういうとり方もあるんやろな、同じ経営者として分からんでもないなと。たぶん最初はセロイと近いというか、まっすぐやったんじゃないかと思うんよね。でもセロイとは逆で、チャン・デヒは「もう一回行けるかな」で信念を曲げて変わっていった。嫌な敵ではあるけど、同情するところもあるよね。

『梨泰院クラス』はぜひ若い男性に観てほしい

たむらけんじさん

――『梨泰院クラス』はたむらさんにとってどんな作品ですか?

間違いなく僕にとってのバイブル。現実ではなかなか難しいけど、セロイの生き方にどれだけ近づけるのか。そういうお手本やね。

――どういった人に観てほしいですか?

全人類やね。みんなが観たらたぶん戦争もなくなると思うし。まあ、強いていうなら若い男性たちかな。人とのリアルな接し方や、自分が何をしたらいいか分からんなあって悩んでる人に、ぜひ観てスイッチ入れてほしい。このままじゃアカン、動き出そうって思ってほしい。観たらきっとアツくなるよ。

Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中

たむらけんじのNetflixマイリスト

――たむらさんのNetflixのマイリストを教えてください。

  • 『彼女はキレイだった』
  • 『スタートアップ:夢の扉』
  • 『ペーパー・ハウス』
  • 『ブラック・ミラー』
  • 『セリング・サンセット 〜ハリウッド、夢の豪華物件〜』

『彼女はキレイだった』はパク・セロイ役のパク・ソジュンがまた観たかったから。
『スタートアップ:夢の扉』は同じ駆け上がりストーリーで気に入った。
海外ドラマでいうと『ペーパー・ハウス』『ブラック・ミラー』が面白かったね。
『セリング・サンセット』はLA(ロサンゼルス)の高級不動産会社の話なんだけど、従業員がモデルみたいな人ばっかりで、毎回豪邸が観られてすごく楽しい番組です。おすすめ。

たむらけんじさん

『梨泰院クラス』を観るなら「eo光ネット Netflixパック」を

Netflixシリーズ『梨泰院クラス』を観るなら「eo光ネット Netflixパック」がおすすめ! eo光ネットとNetflixのスタンダートプランがセットになったプランです。eo光ネット Netflixパックを新規お申し込みで、Netflix最大1年分プレゼント!ぜひチェックしてみてください。

【公式サイト】eo光ネット Netflixパック

今回の記事は「eo光チャンネル」で放送中の番組『Netflix Freaks』の連動企画。こちらの動画もぜひご覧ください! たむらさんの語り口でより一層『梨泰院クラス』の魅力が伝わってくるはず。

『梨泰院クラス』についてより詳しく。

・関連記事:Netflix韓国ドラマ『梨泰院クラス』復讐劇だけではない面白さ

たむらさんおすすめ作品。
・関連記事:『スタートアップ 夢の扉』とにかく第1話を観てほしい、Netflix韓国ドラマ

スングォン役のリュ・ギョンスは2021年の話題作『地獄が呼んでいる』に意外な役で登場
・関連記事:Netflix韓国ドラマ『地獄が呼んでいる』。初登場で世界人気No.1のパニックサスペンス!

チャン・デヒ役のユ・ジェミョンは『ヴィンチェンツォ』にも出演中
・関連記事:Netflix韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』。人気の理由はK-POP的マッシュアップ?


【Netflixご契約中の方へ】eo光ネット Netflixパックに乗り換えでNetflix最大1年分プレゼント!

詳細を見る

リビングを映画館に!Netflixの4K対応作品を大迫力の4Kテレビで楽しもう!

eoの定額4Kテレビならお手軽に「SONY 4Kブラビア」をご利用いただけます。
各種保証・保険がついてサポートも充実。高価な4Kテレビをお手軽に楽しみましょう!

eoの定額4Kテレビについて詳しくはこちら


※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 編集者・ライター

    平田提

    株式会社TOGL代表取締役。秋田県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。メディアの編集や、経営者・映画監督・音楽家・漫画家らへのインタビュー、Netflix・アニメ・エンジニア関連のコラム執筆等を行う。

関連記事