配信直後から高評価!2021年の注目Netflix韓国ドラマ『D.P.-脱走兵追跡官-』

『D.P.-脱走兵追跡官-』はNetflixで配信中のオリジナル韓国ドラマ。
徴兵されたばかりのアン・ジュンホは、脱走兵を捕まえる「D.P.」に任命されます。「D.P.」は「Deserter Pursuit(軍務離脱逮捕組)」の略で、“脱走した兵隊を安全に捕まえ軍に戻すための兵隊”。韓国の男性には2年の兵役が義務付けられていますが、軍隊内部でのいじめや脱走事件は社会問題。2021年8月27日の配信直後から名作との呼び声も高い『D.P.-脱走兵追跡官-』は捜査官と脱走兵の追走劇がスリリングな作品です。

ライター:荒井啓仁・平田提(株式会社TOGL)

『D.P.-脱走兵追跡官-』のあらすじ

徴兵され、過酷な憲兵隊へ配属された青年アン・ジュンホ。理不尽な暴力が蔓延する軍隊の中で耐え忍ぶジュンホですが、とあるきっかけでD.P部隊のリーダー、ボムグにスカウトされます。
脱走兵にも事情があり、捕まえるのは罰するためではなく救うためだと任務の中で感じたジュンホは、先輩のホヨルとタッグを組んでD.P.の任務にあたります。

観る者に疑問をつきつける『D.P.-脱走兵追跡官-』

徴兵された兵士たち

徴兵された兵士たちも、つい先日までは民間人。それなのに上官に敬語を使って徹底服従しなければならなくなる。肉体的・精神的いじめは日常茶飯事です。
部隊での苛烈な虐めに耐えれなくなった者、病気の家族のために脱走した者など、脱走兵それぞれに理由があります。

脱走した者

主人公のジュンホは虐待や家族の関係に悩み、徴兵前も職場の理不尽な上下関係や格差に苦しんでいました。一方で「D.P.」になると一転、自分が脱走兵に権力を行使する立場になってしまう。ジュンホに限らず、急に「民間人」と「軍人」の自分ができてしまった男性たちの苦悩。一方、体育会系の上下関係の支配になじむ人物もいます。
何かしらの組織や世間に所属して生きる人ならば、どこか共感を抱く部分があるはず。

「もし自分にも徴兵義務があったとして、こんなしごきに耐えられるのか?」
「理由のないいじめから脱走して家族の元に逃げるのは間違っているのか?」
「脱走兵に、この問題に、傍観者でいられるか?」
『D.P.-脱走兵追跡官-』は視聴者に常に問いを投げかけてくる作品なのです。

”バディもの”『D.P.-脱走兵追跡官-』は悪役の演技も光る

バディ

社会派ドラマでありながら『D.P.-脱走兵追跡官-』は重たくなりすぎず、肉体派・ジュンホと頭脳派・ホヨルの「バディ(相棒)モノ」の爽快感が味わえる作品でもあります。
ジュンホとホヨルは話が進むうちに部下と上司の関係から信頼し合う相棒へと変わっていきます。激しいアクションやミステリ・コメディ要素もあり、エンタメとしての完成度の高いドラマに仕上がっています。

キャストの演技

ドラマを支える、キャストの演技力にも注目です。
どちらかというと「善玉」の主役2人も素晴らしいですが、「悪玉」のキャストの芝居が真に迫りすぎていて、見ているこちらが辛くなることも。
特に兵長ジャンス役のシン・スンホの暴君っぷりは見ていて嫌な汗が出るほど。部下をいさめる視線や、相手を屈服させたときの愉悦に満ちた表情など、本当にいやらしく演じきっています。
シン・スンホ自身の写真を見た際、思わずジャンスの暴行が頭をよぎってしまうほどの怪演です。

特に素晴らしかったのが、先輩兵士チョ・ソクボン役のチョ・ヒョンチョル。ジュンホら二等兵にも優しく接する優しい先輩ですが、徐々に変化する立場や心情を表す演技は圧巻の一言です。

『D.P.-脱走兵追跡官-』の登場人物・キャスト

アン・ジュンホ(チョン・ヘイン)

アン・ジュンホ(チョン・ヘイン)

徴兵されたばかりの二等兵で、頭は堅いものの筋の通った青年。鋭い観察力を買われ、ボムグ軍曹よりD.P.に任命されます。
平和主義者ですが腕っぷしは作中でも上位に入ります。

チョン・ヘイン

ジュンホを演じるチョン・ヘインは1988年生まれ。大学在学中に兵役を済ませており、退役後の26歳から俳優としてキャリアをスタート。
韓国ドラマ『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』でブレイクし、一躍スター俳優の仲間入りを果たしました。
演じた役どころと甘いルックスから、韓国では「国民的年下彼氏」とも呼ばれています。

ハン・ホヨル(ク・ギョファン)

ハン・ホヨル

掴みどころがないが頭は切れるD.P.の組長。仮病を使い軍の病院で悠々自適の生活を送っていましたが、誤魔化しきれなくなり部隊に復帰。
新しく部隊に編成されたジュンホとD.P.の任務にあたります。
ひょうひょうとした態度でボムグやジュンホを翻弄しますが、根は真面目な人物。
頭の回転は速いですが、ヘタレな部分で脱走兵を取り逃がすことも。

ク・ギョファン

ホヨル役のク・ギョファンは1982年生まれ。自主制作映画での活躍が多く、自身で脚本や編集、監督を務めることも。韓国映画『新感染半島 ファイナルステージ』や、Netflixシリーズ『キングダム:アシンの物語』にも出演しています。

パク・ボムグ(キム・ソンギュン)

パク・ボムグ(キム・ソンギュン)

融通の効かないジュンホと、口達者なホヨルに振り回されるD.P.のリーダー。
自身の昇進しか興味の無いジソブと、自己の保身しか考えない憲兵隊長から部下を守ろうとするなど、情に厚い一面も。

ボムグ役のキム・ソンギュンは1980年生まれ。
キャリアは32歳からと遅咲きの俳優ですが、デビュー作の『悪いやつら』で高い演技力が評価され以後悪役としての出演が続いています。
韓国ドラマ『応答せよ1994』ではコミカルな役を演じるなど、芸歴が浅いながらも演技の幅が広い俳優です。

チョ・ソクボン(チョ・ヒョンチョル)

第3小隊の一等兵で、ジャンスや他の上等兵からいじめられている漫画好きの青年。
いじめ文化を下の世代には継承したくないと、ジュンホたち後輩にも優しく接する善良な性格の持ち主。中学生のころ柔道選手として活躍しており、特級戦士として入隊しています。

ファン・ジャンス(シン・スンホ)

ジュンホの所属する第3小隊の兵長で、部下たちに苛烈ないじめを行う男。「顔が気に入らない」「機嫌が悪い」など理不尽な理由で暴力を振るいます。除隊が間近で、その日を心待ちにしています。

パク・ソンウ(コ・ギョンピョ)

仕事に対してやる気も責任感も無いD.P.部隊の上等兵。
仮病で入院しているホヨルの代わりに入ってきたジュンホと任務にあたります。
任務中にも関わらず、飲酒や遊びに明け暮れるなど何かと問題のある人物です。

イム・ジソブ(ソン・イック)

イム・ジソブ(ソン・イック)

103歩兵師団憲兵隊長の補佐官でD.P.の司令官。陸軍士官学校出身で、上昇志向が強い人間。憲兵隊長のヨンドクに振り回されることもしばしば。

チョ・ヨンドク(ヒョン・ボンシク)

作中に登場する人物で最も階級の高い、103歩兵師団の憲兵隊長。
ジソブ以上に自己の昇進と保身にしか興味がありません。
部隊を私利私欲のために動かしたり、意に沿わない者に当たり散らすなど103歩兵師団の理不尽を象徴するような人物。

まとめ 

D.P.-脱走兵追跡官-

奥深い社会派ストーリーとエンタメが両立する『D.P.-脱走兵追跡官-』。
シーズン1は全6話と、サクッと観られる長さも魅力です。1話は軍隊のいじめ描写がややあるものの、その後のジュンホの行動原理となるエピソードが描かれる重要な回。2話になると陽気なホユルが部隊に復帰し「バディもの」として動き始めます。ぜひ1話、2話と続けて観てみてください。

今後の続編制作にも期待が高まる名作『D.P.-脱走兵追跡官-』を観るなら、新規・乗り換えお申し込みで最大1年間Netflixが無料で観られる「 eo光ネット Netflixパック 」を! eo光ネットとNetflixのスタンダートプランがセットになったプランです。ぜひチェックしてみてください。

【Netflixシリーズ『D.P.-脱走兵追跡官-』独占配信中】


eo光ネットとNetflixのスタンダートプランがセットになった「eo光ネット Netflixパック」登場!

新規お申し込みでNetflix最大1年分プレゼント!詳しくはこちら

リビングを映画館に!Netflixの4K対応作品を大迫力の4Kテレビで楽しもう!

eoの定額4Kテレビならお手軽に「SONY 4Kブラビア」をご利用いただけます。
各種保証・保険がついてサポートも充実。高価な4Kテレビをお手軽に楽しみましょう!

eoの定額4Kテレビについて詳しくはこちら


公開日:2021年09月24日

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事