Netflixオリジナルのおすすめ作品。『ストレンジャー・シングス』『クィア・アイ』…人気の4作を紹介

Netflixは190カ国以上・会員数2億400万人、世界最大級の動画配信サービスです。特長の1つは映画・ドラマ・リアリティ番組など、質の高いオリジナル番組が多くあること。近年はNetflixオリジナル作品がアカデミー賞、エミー賞にノミネートされ続けています。
今回はNetflixを始めたらまずは観てほしい、人気・評価の高いNetflixオリジナル作品4作を紹介します。

ライター:平田提

Netflixオリジナルおすすめ作品(1)『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(海外ドラマ)

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は、1980年代アメリカの田舎町を舞台にしたNetflixオリジナルSFアドベンチャードラマです。TV界のアカデミー賞と呼ばれる「エミー賞」(2019年)など数々の賞を受賞。続きが気になるストーリー展開から、一気観する人が続出し、2016年のシーズン1配信開始以降は世界中で話題になりました。

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のあらすじ

マイク、ルーカス、ダスティンの少年3人は行方不明になった友だちのウィルを探すうち、不思議な能力を持つ少女「イレブン(エル)」に出会います。マイクたちはそれぞれの家族・町の大人たちを巻き込み、ウィルの消息やエルをめぐる陰謀や世界の秘密に迫っていきます。

一気観注意!『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は80年代オマージュがたくさん

一気観注意!『ストレンジャー・シングス 未知の世界』は80年代オマージュがたくさん

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の魅力の1つは、1970~80年代映画・文化へのオマージュ。少年たちによる冒険譚は『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせます。『キャリー』などのスティーブン・キング原作映画、『ジョーズ』『未知との遭遇』『E.T』などスティーブン・スピルバーグ映画へのオマージュなど、ニヤリとさせられるシーンもたくさん。
ウィノナ・ライダー(『シザー・ハンズ』)、ショーン・アスティン(『グーニーズ』『ロード・オブ・ザ・リング』)など、往年の名作映画に出演した俳優も登場します。

『ストレンジャー・シングス』は青春ドラマ・コメディ・恋愛・サスペンスとしても秀逸で、もちろん元ネタを知らずとも楽しめます。イレブン(エル)役のミリー・ボビー・ブラウンやスティーブ役のジョー・キーリーたち若手俳優はZ世代(1990年代中盤以降生まれ)に人気で、ドラマ・映画などで活躍中です。

Netflixを始めたら、まず初めに観てほしい『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。一気観覚悟でぜひ1話目を観てみてください!

Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン1~3独占配信中

Netflixオリジナルおすすめ作品(2)『梨泰院クラス』(韓国ドラマ)

『梨泰院クラス』

『梨泰院(イテウォン)クラス』はWeb漫画が原作の、Netflixオリジナル韓国ドラマ。
ソウルの若者たちのリアルな生活風景やストーリーの魅力から人気に。2020年には日本のメディアでもたびたび取り上げられ、話題になりました。

『梨泰院クラス』のあらすじ

弱い者いじめを諌めた高校生パク・セロイに、飲食店大手・長家(チャンガ)グループの会長と御曹司は非道な仕打ちを行います。とあるきっかけで前科者になってしまったセロイは出所後、ソウルの街・梨泰院(イテウォン)で仲間たちと無謀とも思える復讐に挑みます。

『梨泰院クラス』は、韓国の若者たちの成り上がり復讐劇

『梨泰院クラス』1話を観ると映画『オールド・ボーイ』さながらのバイオレンスな復讐劇を予想してしまいますが(一部そういうシーンもありますが)、あくまで復讐の方法がビジネスである点が『梨泰院クラス』の面白さ。長家と同じ飲食の世界で、セロイたちは小さな居酒屋「タンバム(甘い夜)」からのし上がっていきます。

『梨泰院クラス』は、韓国の若者たちの成り上がり復讐劇

また『梨泰院クラス』は朴訥ながら芯の強いセロイをはじめ、キャラクターが個性豊か。セロイの右腕となる女性チョ・イソは天才的頭脳を持つ「ソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)」とされています。セロイの幼なじみオ・スアとイソの三角関係も見どころ。ギニア人と韓国人のハーフという設定のキム・トニーは、原作漫画にないドラマ版のオリジナルキャラクターです。

原作者のクァンジンさんは実際に梨泰院で居酒屋を経営するなど、原作からしてソウルのリアルが描かれている『梨泰院クラス』。韓国の若者のファッションやネットとの付き合い方、インテリア、韓国料理などを知ることができるのもその魅力でしょう。

Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中

Netflixオリジナルおすすめ作品(3)『マリッジ・ストーリー』(映画)

『マリッジ・ストーリー』

ノア・バームバック監督による『マリッジ・ストーリー』は、夫婦の結婚と離婚、息子との生活を描いたNetflixオリジナル映画。第92回(2020年)アカデミー賞6部門にノミネートされ、妻側の弁護士役ローラ・ダーンが助演女優賞を受賞しました。作品賞も期待されていたほど、繊細で丁寧な心情描写のクオリティがすさまじい作品です。

『マリッジ・ストーリー』のあらすじ

女優ニコールと舞台演出家チャーリーの夫婦は、細かなすれ違いや浮気の問題などから離婚に向かっていきます。大切な息子の親権をめぐり裁判を進めながらも、互いの才能や人格はずっと認め合う二人。弁護士、家族との関わりの中でその関係は揺れ動きます。

『マリッジ・ストーリー』はどんな家族にもありえるシーンを深く描いた映画

『マリッジ・ストーリー』の魅力は何と言ってもスカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバーの迫力ある演技。この作品はただの離婚調停モノではなく、心の根底では強くつながる二人がどうしても別れなければならない切なさ・非情さを描きながらも、思いやりあるまなざしが貫かれています。主演の二人の俳優がその繊細な心情を見事に演じきっており、お互いの言葉を夫婦がぶつけ合う長回しのシーンでは、一緒に悲しみやもどかしさを感じるようなリアリティを感じさせます。

ノア・バームバック監督は『イカとクジラ』(第78回アカデミー脚本賞にノミネート)でも離婚をモチーフにしており、『マリッジ・ストーリー(結婚の話)』を離婚の話で描くというのはいかにも皮肉に思えます。ただこの映画は、気まずさ、戻りようのなさ、切なさ……どんな立場の人であっても共感しうる夫婦と家族の感情の普遍さも備えています。そして同時に家族の復元力や希望も描かれており、そういう意味で「このタイトルしかない」と思わされる、心に残る作品です。

Netflix映画『マリッジ・ストーリー』独占配信中

Netflixオリジナルおすすめ作品(4)『クィア・アイ』(リアリティ番組)

『クィア・アイ』はインテリア・ファッション・美容・カルチャー・料理のプロの5人組「ファブ5」が、自薦・他薦で選ばれた人たちを改造していくリアリティ番組。ファブ5との関わりの中で、外側と一緒に中身も変わっていく人々の姿が魅力的です。

服装やインテリアの改造から人を変えていく『クィア・アイ』

『クィア・アイ』

部屋やファッションをその道のプロが改造する番組は日本でも多くありますが、『クィア・アイ』がそれらと大きく違うのは、部屋・服装・人間関係・得意料理・髪型&メイクを一気に、そしてリッチに変えてしまう点。家具や壁紙、キッチン周りは素敵にリノベ・新調され、ワードローブには使いまわししやすい洋服が大量にセットされます。

カラモ・タン・ジョナサン・アントニー・ボビーのファブ5それぞれのキャラクターは明るく、それぞれが実業界やタレントとして成功しているので、スキルの高さは折り紙つき。

水原希子、渡辺直美もガイドとして加わる『クィア・アイ in Japan!』ではそれぞれ悩みを抱くイラストレーターやホスピス看護師の方たちが変身していきます。

「クィア」はもともと「風変わりな」といった意味の言葉ですが、現在はLGBTQなどセクシャルマイノリティの人々を指す言葉にもなっています。
ファブ5は自身が受けてきた差別や家族との問題など「弱さ」を自然にゲストに対し見せていきます。それがゆえにゲストも自身のコンプレックスや悩みを赤裸々に話すのでしょう。

水原希子、渡辺直美もガイドとして加わる『クィア・アイ in Japan!』ではそれぞれ悩みを抱くイラストレーターやホスピス看護師の方たちが変身していきます。『クィア・アイ in Japan!』でファブ5が言うように、国籍や人種、趣味・嗜好が違っても悩みや大切にするものは一緒ということがよく分かります。外見や習慣を変えれば、性格や関係性も変わっていく。『クィア・アイ』はそんなヒントがたくさん詰まった番組です。

Netflixオリジナルシリーズ『クィア・アイ』シーズン1~5独占配信中
Netflixオリジナルシリーズ『クィア・アイ in Japan!』独占配信中

まとめ

Netflixでは多くの映画・ドラマ・アニメ作品が観られますが、オリジナル作品のクオリティの高さが何よりの特長だと思います。作品の数が多く、常に更新されているので飽きることがありません。今回紹介したオリジナル作品はごく一部のもの。まだまだ魅力的な作品がありますので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


超高速インターネット 速さで選ぶならeo光

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事