本日配信。アニメ映画『バブル』は“虚淵節”光る爽やかなアクションSF恋愛劇

2022年4月28日本日からNetflixで全世界配信、5月13日から劇場公開がスタートするアニメ映画『バブル』。脚本を大ヒットアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄(ニトロプラス)が手掛け、キャラクターデザインは『DEATH NOTE』小畑健が担当。音楽は『プロメア』の澤野弘之、『進撃の巨人』荒木哲郎監督とWIT STUDIOが制作……と超豪華布陣に世界のアニメファンの期待が高まっています。

今回はNetflixでの先行視聴をもとにレビュー。重力を超越するパルクールアクションは爽快で、背景やキャラクターは驚くほど美麗。童話『人魚姫』をさすがの“虚淵節”でアレンジしたストーリーに泣かされます。

ゲーム・アニメ好きな人だけでなく、老若男女問わず楽しめるはず。まずは予告編をぜひチェックしてみてください。

ライター:平田提

映画『バブル』のあらすじ

5年前、世界中に未知の「泡」が突如降り注いだ。東京の中心部は原因不明の大爆発を起こし、巨大な泡に包まれる。居住禁止区域となった東京には身寄りのない少年たちが住みつき、生活必需品を賭けて街を跳び回る「バトルクール」を続ける。
バトルクールチーム「ブルーブレイズ」のエース・ヒビキには、不思議なメロディがずっと聞こえていた。ヒビキは現象の中心部であり、幽霊が出るうわさのある難所・東京タワーに挑戦し続ける。ある日海に落ちてしまったヒビキは人魚と見紛うような少女・ウタに命を救われる。
チームに加わったウタとヒビキは心を通わせるが、ヒビキが触れようとするとウタは悲しそうな素振りを見せる。
東京に再び大量の泡が降り注ぎ始め、崩壊を止めようと奮闘するヒビキたち。その中でウタがヒビキの前に現れた理由が明らかになっていく。

アクションゲームのような新感覚のパルクールシーン

パルクールのアクション

アニメ映画『バブル』の魅力の一つが、パルクールのアクション。
パルクールとは“走る・跳ぶ・登るといった移動に重点を置く動作を通じて、心身を鍛えるスポーツ(日本パルクール協会)”で、アートやライフスタイルにもかかわる概念。
パルクールがテーマのリュック・ベッソン監督の映画『YAMAKASI ヤマカシ』(2001)は日本でも話題になりました。

ZENさんが動作を監修

『バブル』はパルクールアスリートのZENさんが動作を監修。崩壊した地面や乗れる「泡」を飛び移る姿にハラハラしつつも、自分がアクションゲームをプレイするような一体感と楽しさがあります。
虚淵さんとともに『バブル』脚本を担当した佐藤直子さんはゲーム『GRAVITY DAZE』のシナリオを務めていますが『GRAVITY DAZE』は主人公が重力を操って跳び回るアクションゲームでした。
『進撃の巨人』で調査兵団たちの「立体機動」を見事に映像化した荒木監督・WIT STUDIOならではの演出もあり、新感覚のアクションシーンが体験できるのが『バブル』の魅力の一つです。

身近な風景が美しく朽ちた世界観

背景が美しい

シャボン玉が反射したような虹色の背景が美しい『バブル』。冒頭の秋葉原でのバトルクールでは朽ちた苔むした家電量販店のビルが出てくるなど、見たことのある風景がきれいに廃墟化していてグッとくるものがあります。

音楽や吐息にも注目

音楽や吐息

『バブル』の劇伴は『アルドノア・ゼロ』『キルラキル』『プロメア』の澤野弘之が担当。ヒビキとウタをつなぐ不思議なメロディのハミングから楽曲への展開、パルクールシーンとのシンクロは爽快感があります。
4音・8音が物語のキーとなるのは(エンディングの演出を含め)個人的にゲーム『クロノ・クロス』を思い出しました。

ウタの吐息も効果的に使われており、『バブル』は音楽や音にも注目してほしい映画です。

「爽やかな虚淵玄」による人魚姫と王子様のストーリー

人魚姫と王子様のストーリー

『バブル』はアンデルセン童話『人魚姫』がモチーフになっています。
公式サイトでも読めますので、どんな話だったか忘れてしまった人もぜひ)。

脚本の虚淵玄さんの『Fate/Zero』『魔法少女まどか☆マギカ』などは絶望的展開に心えぐられる楽しみがありますが、『バブル』は深刻さや切なさはありつつも爽やかなお話。虚淵さんの作品の中では『翠星のガルガンティア』に近いものを感じます。
「泡」が包みこむ優しさやときに苦しめる怖さ、はじける切なさ、シャボン玉のような美しさ。ストーリー・演出・美術・アクションすべてで「泡」が一貫して表現される凄みがあります。

『バブル』のキャラクターと演じる豪華キャスト

『バブル』は演じるキャストも豪華な作品です。

ヒビキ(志尊淳)

渋谷が拠点のバトルクールチーム「ブルーブレイズ」(BB)のエース。驚異的な身体能力で、不安定な足場だけでなく泡すらも利用して跳び回る。他人とあまりかかわろうとしないが、ウタとの出会いで徐々に変化していく。

ヒビキを演じる志尊淳は『HiGH&LOW THE WORST』、NHK大河ドラマ『青天を衝け』などに出演する俳優。ディズニー&ピクサー映画『2分の1の魔法』では、主人公イアンの日本語吹替を担当。

ウタ(りりあ。)

海に落ちたヒビキを助けた少女。ヒビキだけが聴こえる不思議なメロディを口ずさむ。正体不明ながら軽やかな身のこなしが認められBBに加わる。

ウタ役に抜擢された「りりあ。」はSNSなどで大人気のシンガーソングライター。楽曲はLINE MUSICALの初日デイリー・ウィークリーランキングで1位を獲得。声優は初挑戦。本作では主題歌も担当している。

マコト(広瀬アリス)

船「令洋」でヒビキたちと共同生活を送る科学者。重力異常の観測をしている。チームの良き姉さん的存在で、ウタの面倒をよく見る。

演じる広瀬アリスは『サイレント・トーキョー』『地獄の花園』などに出演する俳優。アニメ・漫画好きで知られ、声優としても活躍。

シン(宮野真守)

BBを含むバトルクールチームにジャッジとしてかかわる。昔パルクールをやっていたらしい、頼れる兄貴分。

シン役の宮野真守は『DEATH NOTE』夜神月役、『機動戦士ガンダム00』刹那・F・セイエイ役などで大人気の声優。

カイ(梶裕貴)

BBのリーダーで、熱血漢。令洋の整備や操舵の練習をしている。

カイを演じる梶裕貴は『進撃の巨人』エレン・イェーガー、『マギ』アリババ・サルージャ、『七つの大罪』メリオダスなどで有名。

ウサギ(千本木彩花)

BBの最年少メンバー。チームに欠かせないムードメーカー。

ウサギ役の千本木彩花は『甲鉄城のカバネリ』のヒロイン・無名役に抜擢され、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』オリビア・ウェブスター役などでも注目される声優。

電気ニンジャ・リーダー(畠中祐)

秋葉原が拠点の「電気ニンジャ」リーダー。BBとはライバルながら応援するなどフラットに接してくる。

電気ニンジャ・リーダー役の畠中祐は『甲鉄城のカバネリ』主人公の生駒役で注目され、『東京リベンジャーズ』柴八戒役などを務める。

関東マッドロブスター・リーダー(三木眞一郎)

見た目は強面で言動は荒っぽいが情に厚い男。敵チームでも危険とあらば助けに駆けつける。

声を演じる三木眞一郎は『頭文字D』の主人公・藤原拓海役で有名。ほかに『3月のライオン』島田開、『鬼滅の刃』竈門炭十郎役など数多くの作品に出演する。

アンダーテイカー・リーダー(井上麻里奈)

お台場が拠点の「アンダーテイカー」のリーダー。バックにスポンサーが付いており、特殊ブーツなどの装備を使う。単眼の仮面、不気味な機械音声で話すなど謎が多い。

演じる井上麻里奈は『天元突破グレンラガン』ヨーコ・リットナーなどの元気な少女から『進撃の巨人』アルミン・アルレルトなど少年役もこなす人気声優。

まとめ

『バブル』は武田綾乃さん(『響け!ユーフォニアム』など)による小説版や、肘原えるぼさんによる漫画版(『少年ジャンプ+』)も展開予定。アクションや音を5月13日からの映画版で存分に楽しむ前に、ぜひ先にNetflixでこの世界観を体験してみてください。

今回の記事は「eo光チャンネル」で放送中の番組『Netflix Freaks』の連動企画。こちらの動画もぜひ合わせてぜひご覧ください!

【Netflix映画『バブル』独占配信中】


【Netflixご契約中の方へ】eo光ネット Netflixパックに乗り換えでNetflix最大1年分プレゼント!

詳細を見る

リビングを映画館に!Netflixの4K対応作品を大迫力の4Kテレビで楽しもう!

eoの定額4Kテレビならお手軽に「SONY 4Kブラビア」をご利用いただけます。
各種保証・保険がついてサポートも充実。高価な4Kテレビをお手軽に楽しみましょう!

eoの定額4Kテレビについて詳しくはこちら


※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事