IPv4・IPv6の違いとは?IPv6=速いわけではない

光回線の案内やネット接続の説明書などでよく目にする「IPv4」や「IPv6」。これらはインターネットの通信規格・ルールのこと。「IPv4」「IPv6」の「v4」「v6」は「バージョン4」「バージョン6」という意味で、従来の「IPv4」に加え「IPv6」が最近は利用されてきています。
この記事では「IPv4」と「IPv6」について、解説していきます。

「IPv4」「IPv6」IP・IPアドレスって何?ネット通信のルールと「住所」

「IP」とはインターネットプロトコル(Internet Protocol)の略称で、インターネットに接続するスマホやパソコンがデータを送受信する方法を定めた通信規格、ルールのこと。
インターネットに接続するスマホやパソコン等の機器には「IPアドレス」という固有番号が割り振られます。これはいわばインターネット上の「住所」のようなもの。IPアドレスは「192.168.XX.XX」のように数字で表されます。
これまでは「IPv4」が主流でしたが、この「住所」(数字)のパターンが枯渇してきたことで、事実上無限ともいえる数字の組み合わせがある「IPv6」が登場します。現在のインターネットでは「IPv4」「IPv6」が混在した状態になっています。

従来の通信規格「IPv4」が枯渇寸前。そこで次世代規格「IPv6」が登場!

従来の通信規格「IPv4」が枯渇寸前。そこで次世代規格「IPv6」が登場!

「IPv4」とはインターネットが普及し始めた1990年代後半から使われるようになった通信規格です。
「IPv4」のアドレス総数は2の32乗、約43億個の機器をインターネットに接続させることが可能になっています。

しかし近年のインターネットの普及などによって、アドレス数が不足し始めました。そして生まれたのが次世代の通信規格ルールである「IPv6」なのです。
この「IPv6」のIPアドレスの総数は約340潤(かん※ )個。膨大な量の「住所」が用意できるため、事実上無限に近い数の機器をインターネットに接続することができます。
現在では、ほとんどの携帯会社がIPv6での利用を始めており、コンテンツ側もIPv6の対応を進めています。

※1潤は10の36乗。

IPv6=速いわけではない。接続先がIPv4/IPv6か自動判別するデュアルスタック方式も

通信規格とは切っても切り離せない接続方式。現在でも広く使われているのが「PPPoE」方式です。ダイヤルアップ接続の時代の「PPP」から派生して、LAN規格であるイーサネット上でも利用できるようになった技術。
一方「IPoE」方式は、開発段階からイーサネットを使用する前提で作られています。

IPoE方式はもともとIPv6のみに対応した技術。アクセス先であるWebサイトやWebサービスがIPv6に対応している必要がありますが、まだIPv4からIPv6への移行期であるため、PPPoE方式も広く使われています。

ただIPv6での接続=速いわけではありません。あくまでIPv6はIPのバージョンのことで、IPv6とIPoE方式の組み合わせの場合、インターネットの通信速度が安定することがあるということ。

IPv6方式を使用していてもIPv4のサイトを閲覧する方法があります。それが「IPv4 over IPv6」または「IPv6 IPoE」です。基本的な通信規格はIPv6ですが、IPv4のWebサイのトデータをIPv6のデータ方式で包み込むことで通信する技術。これを「トンネリング」と表します。
またアクセス回線からプロバイダまで一貫してサービス提供している事業者では、契約の種類によって「IPv4」と「IPv6」の通信が両方提供されていることがあります(デュアルスタック方式)。この場合、トンネリングの必要なく、Webサイト・Webサービスの方式が「IPv4」か「IPv6」かを自動判別して切り替えられて通信するため、遅滞なくインターネットを利用できます。

安定性を求めるなら、大容量のギガコースがおすすめ

増え続ける宅内でのスマホやゲーム機、IoT家電などを快適に利用するためには、通信規格を見直して安定性を求めることはもちろんですが、なるべくギガ数(上り/下りの通信量の目安)の多い回線サービスを利用したいもの。
光回線では1ギガコースが主流の中、より高速で多くのギガ数を提供するサービスも増えてきています。

オンラインゲームや動画閲覧といった、複数のコンテンツを同時に利用する場合は、大容量コースだとカクつきが抑えられたり、ゲームのラグが解消されるなど有用なことが大きいです。
もしこういった目的でインターネットを快適に活用したいのであれば、大容量のギガ数のコースがおすすめです!


※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事