ADSLのサービス終了時期はいつ?乗り換え先におすすめの光回線とは

電話回線を利用してインターネット接続を行うADSLのサービス終了が近づいています。ADSLのサービス終了時期はいつになるか、乗り換えにおすすめの光回線についてご紹介していきます。

ADSLのサービス終了時期

ADSL

Asymmetric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者線)の略であるADSL。家庭にある電話回線を利用してインターネット接続を行うサービスのことを指します。既存の電話回線を利用できるため簡単にインターネットを出来、2000年代に普及しました。しかし他の回線の普及に伴い、順次サービス終了が発表されています。

NTT東日本・西日本の「フレッツ・ADSL」は2023年1月31日に終了予定。ただし移行期間を確保するため、光回線「フレッツ光」が2022年2月1日~2023年1月31日に新たに提供を開始するエリアに限り、2025年1月31日までサービスが提供されます。

ソフトバンクの「Yahoo! BB ADSL」は既に2019年2月28日をもって新規受付を終了。2020年3月以降一部の地域から順次サービス終了が始まっており、2024年3月末には全ての地域でサービス終了を予定しています。対象の方にはサービス終了予定日のお知らせが届くため、具体的な終了日程を確認してください。

ADSLサービス終了に伴う乗り換え先候補

乗り換え先候補

ADSLサービス終了後もインターネットを利用するためには、乗り換え先を検討する必要があります。乗り換え先のインターネット回線として考えられるのは主に3つ。光回線、モバイルルーター、ホームルーターです。

ADSLサービス終了に伴う乗り換え先候補1:光回線

光を通す繊維「光ファイバー」というケーブルを利用し、データを送受信する光回線。ADSLよりも通信速度が速く、快適にインターネットを利用することが可能です。インターネット回線として今主流なのは光回線と言えます。

ADSLサービス終了に伴う乗り換え先候補2:モバイルルーター

モバイルルーターとは、ポケットWi-Fiと呼ばれるインターネット回線です。コンパクトで持ち運び可能なため、自宅外でもインターネット通信を利用したい方におすすめの乗り換え先です。契約プランによってデータ通信量が決められており、通信量を超えると通信制限がかかる可能性があります。

ADSLサービス終了に伴う乗り換え先候補3:ホームルーター

据え置きタイプのWi-Fiルーターはホームルーターと呼ばれます。電源ケーブルをコンセントに挿すだけで使えるため、導入ハードルは低いでしょう。設定も簡単で、購入したその日に使い始められます。
しかし無線接続のため、設置場所によって通信速度が遅くなったり、別の部屋ではインターネットが安定しなかったりすることもあります。

ADSLから光回線に乗り換えるメリット・デメリット

メリットデメリット

ADSLサービス終了後の乗り換え先としておすすめなのは光回線です。ここからは光回線のメリットとデメリットをご紹介していきます。

ADSLから光回線に乗り換えるメリット

ADSLから光回線に乗り換えることで1番に実感するのは、速度の違いでしょう。ADSLの速度は50Mbps程度と言われていますが、光回線は環境にもよりますが最大1ギガのコースであれば実測200~500Mbps程度、最大10ギガのコースであれば実測2~7Gbps程度。
ADSLよりも圧倒的に速度が速く、動画や大容量のデータをストレスなく見ることができます。

また、安定性の高さも光回線の特徴です。ADSLは電話の基地局からの距離によって通信の安定性が変化してしまいます。光回線は光ファイバーを利用した有線回線のため、距離や建物の有無、電波状況に左右されません。
インターネットを利用している途中に途切れたりフリーズしたりしてしまうと、不便ですよね。
家族でテレワークやインターネット検索、動画視聴、オンラインゲームなどを利用する方には、安定性の高い光回線の利用がおすすめです。

ADSLから光回線に乗り換えるデメリット

光回線の開通には工事が必要となります。光回線の工事は、電柱から住宅内に電線を引き込み、住宅から室内に開通させ、室内に光コンセントを設置する必要があります。
電柱から住宅への引き込み工事や、室内に光コンセントを設置する工事には立ち合いが必要です。引っ越しの多い時期には光回線の申し込みが殺到し、工事の日程が先になることもあるので注意しましょう。

関連記事:光回線工事の内容・費用・日数・準備すべきことを一挙に解説!

ADSLサービス終了後では遅い?早めの乗り換えがおすすめ

ADSLのサービス終了後に乗り換え先を探せばいい、と考えている方もいるかもしれません。しかし、ソフトバンクの「Yahoo! BB ADSL」では2020年3月以降一部の地域から順次サービス終了が始まっています。

またADSLサービス終了の主な要因は、設備が古くなったり、そのメンテナンス部品が足りなくなったりしたこと。ADSL回線を使い続けていると、ネット環境が安定しない可能性もあります。

インターネットを使えない空白期間が生まれないためには、ADSLサービス終了前に乗り換え先を決め、乗り換え先のネット回線が開通したのち、ADSLを解約する必要があります。
光回線の工事には1ヶ月程度の時間が必要です。引っ越しの多い春などの時期には更に時間がかかることもあるため、早めに検討し乗り換えておくと良いでしょう。

ADSLサービスからeo光ネットに乗り換えよう

光回線には様々なサービスがあり、ADSLから何に乗り換えるか迷ってしまいますよね。高速のインターネットを安定性高く楽しむなら、eo光がおすすめです。

eo光は独自の光ファイバーケーブル網を配備し、それに適したプロバイダーサービスも一緒に提供しているため、通信品質が安定しています。超高速10ギガ/5ギガコースなら、オンラインゲームなどの大容量通信もストレスフリーで楽しめます!
また、標準工事費(29,700円)の実質無料などキャンペーンも豊富。是非検討してみてください。

eo光ネット キャンペーン一覧


【関西でネット回線をお探しなら】 eo光は通信速度・安定性で満足度No.1!
※2020年度オリコン顧客満足度調査による

詳しくはこちら

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 株式会社オプテージ

    CLIP編集部

    ご自宅でお仕事やエンタメを楽しむユーザーに向けて、回線の困りごと解決や、パソコンを使いこなすノウハウ、エンタメ情報などをお届けしています。運営元:株式会社オプテージ

関連記事