Netflix人気の理由とは?おすすめプラン・料金・作品を徹底解説

2020年、ハマる人が続出して話題になった『全裸監督』や『梨泰院(イテウォン)クラス』。両方ともNetflix(ネットフリックス)だけで観られる、オリジナルドラマです。
そんな作品が気になりつつもまだNetflixに登録されていない方に、おすすめの理由や作品、料金プランなどをご紹介します。

「忙しい毎日だけどハマる何かが欲しい」「良質なストーリー・エンタメに触れたい」そんな方に、きっとNetflixはピッタリのサービスなんです。

ライター:平田提(株式会社TOGL)

Netflixとは?

Netflix

Netflix(ネットフリックス)とは、映画、ドラマ、アニメ、リアリティーショー、ドキュメンタリー、キッズ向け作品など世界中のジャンル豊かな作品が観られる動画配信サービス。
毎月、定額を支払うサブスクリプション型で、テレビ・スマホ・タブレット・パソコンなどインターネットに接続できる端末ならどこでも視聴可能です。

アメリカ合衆国

Netflixはアメリカ合衆国・カリフォルニア州ロスガトスに本社のある企業。
1997年にリード・ヘイスティングスとマーク・ランドルフにより創業され、もともとは郵送でのDVDレンタル事業からスタートしました。1999年には定額制のレンタルサービスを開始。現在のようなストリーミングサービスは2007年から始まりました。
2021年には全世界で2億メンバーを突破。オリジナル作品は30言語以上に対応し、190以上の国や地域に配信されています。

Netflixはなぜここまで人気になったのでしょうか?

Netflixはなぜ人気なのか?5つの理由

Netflixがここまでの人気とユーザーを獲得した理由に、以下の5つが挙げられます。

1.広告なし。すべての作品が見放題

多くのVODサービスでは視聴前後・途中に広告が表示されたり、一部作品は単品購入しないと観られなかったりします。
Netflixには広告が一切表示されません。またすべてが見放題なのでストレスなく作品を楽しめます

2.大スケールのオリジナル作品が充実

Netflix最大の特長は、オリジナル作品の充実っぷり
その数もさることながら、クオリティは折り紙つき。2021年の第93回アカデミー賞ではNetflix16作品が38部門にノミネートされ、『Mank/マンク』や『マ・レイニーのブラックボトム』では撮影賞・衣装デザイン賞などを受賞しています。

世界各国で映画・ドラマ・アニメ・ドキュメンタリーなどのオリジナル作品を制作しているNetflix。日本発のドラマでは山田孝之主演の『全裸監督』がアジア各国で大人気になりました。2021年には『機動戦士ガンダム』がNetflixで実写化されると報じられ話題になっています。

Netflixは2021年、約1兆8500億円をコンテンツの調達に投じる見込みであると発表。スケールの大きなオリジナル作品が観られるのもNetflixの魅力なのです。

3.オリジナル以外も幅広いラインナップ

オリジナル作品以外の映画・ドラマ・アニメの人気作が見放題なのもNetflixの魅力。
アニメシリーズ『鬼滅の刃』、『呪術廻戦』、『東京リベンジャーズ』や、映画『TENET』、『パラサイト 半地下の家族』など近年人気の作品はもちろん、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『スタンド・バイ・ミー』などハリウッドの名作も視聴可能です。

※すべて2021年8月現在、記事公開時点。

4.次の作品が探しやすいオススメ機能

作品が多いと探しづらいのでは……と思うかもしれませんが、Netflixにはレコメンド(オススメ)機能があります。メンバーが視聴した作品、イッキ見した作品や視聴をやめた作品などの視聴データから学習し、視聴すればするほど自分の好みにぴったりの作品がオススメされるので、次に観る作品が探しやすくなっているのです。

5.ダウンロードしてオフライン視聴が可能

インターネットに接続さえできれば外出先でも動画が楽しめるNetflix。ただWi-Fiに接続できない環境では通信容量が気になるもの。
Netflixのダウンロード対応作品は、オフラインでも作品を観ることができます。ダウンロードは作品詳細画面の「ダウンロード」ボタンをタップするだけでOK。ダウンロード完了後はアプリの「ダウンロード」メニューから視聴できます。

ぜひ観てほしいNetflixのおすすめオリジナル作品

Netflixはユーザーの膨大な視聴データを分析し、次の作品のストーリー・キャスト、制作に活かしているそう。受賞歴のある制作陣や新進気鋭のクリエイターと面白い作品づくりに取り組み続けています。
CLIPではNetflixのおすすめオリジナル作品をご紹介し続けています。ぜひ興味のある作品からそれぞれの記事をチェックしてみてください。

Netflixオリジナルのドラマ(海外)

オリジナルドラマ(日本)

Netflixオリジナルのドラマ(韓国)

Netflixオリジナルのドキュメンタリー

Netflixのプラン・料金は?

ここではNetflixの料金プランと登録・視聴方法をご紹介します。

Netflix3つの料金プラン

Netflixには「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」3つの料金プランがあります。違いは「画質」と「同時に視聴可能な画面数」です。

ベーシックスタンダードプレミアム
月額料金(税込)990円1,490円1,980円
SD画質(DVD相当)
HD(ハイビジョン)×
UHD 4K(超高画質)××
同時に視聴可能な画面数124
ダウンロードに使用可能なスマートフォンまたはタブレットの数124

※2021年8月現在。

標準画質 (SD)でもDVD相当のきれいな画質で鑑賞できますが、4K対応のテレビやデバイスをお持ちで迫力の映像を楽しみたい方には超高画質の「プレミアム」プランがおすすめ

夕方にご自宅のリビングと子供部屋でそれぞれ違う作品を楽しみたい場合は「同時に視聴可能な画面数」の多い「スタンダード」プラン以上が良いでしょう。

Netflixアプリのインストール自体は何台のデバイスでも可能です。
また1つのNetflixアカウントでプロフィールを最大5つ設定できるので「キッズ」アカウントでお子さま向けコンテンツだけを表示させたり、ご家族のメンバーごとにプロフィールを作成し、それぞれの好みにぴったりの作品をレコメンド機能によって知ることができます。

Netflixの登録方法

Netflixを利用するには、サインアップ(登録)が必要です。
3つの視聴プランの中から1つを選択。メールアドレスとパスワードを入力し、アカウントを作成します。あとはクレジットカードなどお支払い方法を入力すれば登録完了です。
デバイスやキャンペーンなどによって登録の手順が違う場合があります。画面の手順に従って登録を進めていきましょう。

Netflixの対応デバイス

対応デバイス

Netflixはスマートテレビ、パソコン、スマホ、タブレット、ストリーミングメディアプレーヤー、ゲーム機などインターネットを通じて多くの端末で視聴可能です。
パソコン(Windows/Mac)はブラウザ上かアプリで、スマホ・タブレット(iOS/Android)などは公式アプリをインストールします。

テレビで観る場合、Netflixアプリがインストールされているかどうかを確認しましょう。

「ChromeCast」や「FireTV」などのストリーミングデバイスをテレビに接続すれば、スマホ・タブレットのNetflixアプリからキャスト(配信して鑑賞)することも可能です。

詳しくはこちらの記事もぜひお読みください。

関連記事:Netflixをテレビで楽しむには?予算や設定方法を紹介

Netflixをしっかり楽しむなら光回線がおすすめ

オリジナル作品が充実し、広告で途切れることなくすべての作品が見放題のNetflix。ユーザーが集中してコンテンツを楽しめる環境が整っています。

お気に入りの作品は集中して、最適な視聴環境で楽しみたいですよね。回線速度が理由で、映像が途中で止まったり再生されなくなってしまったりするのは困りもの。Netflixを高画質(HD)で楽しむためには5.0Mbps以上、超高画質(4K)は25Mbps以上の回線速度が推奨されています。

安定してNetflixを楽しむなら光回線がベストです。
eo光の「10Gコース」は実測値4.2G(4200M)bps、「1Gコース」でも1000Mbpsが理論上可能(※)

※ベストエフォート(住宅環境、利用状況、地域 時間帯もろもろの条件で速度は変わってきます)。

さらにNetflixのスタンダートプランがセットになった「 eo光ネット Netflixパック 」なら新規・乗り換えお申し込みで最大1年間Netflixが無料で観られます! ぜひチェックしてみてください。


eo光ネットとNetflixのスタンダートプランがセットになった「eo光ネット Netflixパック」登場!

新規お申し込みでNetflix最大1年分プレゼント!詳しくはこちら

リビングを映画館に!Netflixの4K対応作品を大迫力の4Kテレビで楽しもう!

eoの定額4Kテレビならお手軽に「SONY 4Kブラビア」をご利用いただけます。
各種保証・保険がついてサポートも充実。高価な4Kテレビをお手軽に楽しみましょう!

eoの定額4Kテレビについて詳しくはこちら


公開日:2021年08月26日

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事