なろう系とは?初心者におすすめの人気アニメ5本を紹介

ここ数年の人気アニメ作品は「なろう系」が多くなっています。
この「なろう系」とはどういった意味なのでしょうか。この記事ではその語源や意味を説明。さらにこれから観始めるのにおすすめな5本のなろう系アニメをご紹介します。

「なろう系」の語源とは?原点はネット小説!

元々「なろう系」とは、小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿された作品のことを指していました。

「小説家になろう」ではファンタジー作品が人気で、中でも「異世界転生・転移」「主人公が最強(チート)」「ハーレム」といったジャンルが特に多く投稿されるようになり、こういった内容の作品全般が「なろう系」と呼ばれるようになりました。

また全ての作品に当てはまりませんが、作品名が長いのも特徴の1つです。これはサイト内には膨大な作品が投稿されているため、作品名だけで大体の内容が分かるようにした作者の配慮であると考えられます。

現在はなろう系のアニメやマンガが多数発表されており、その人気は絶大。毎年多くの作品が書籍化されています。

初心者でも楽しめるなろう系アニメ5選

初心者でも楽しめるなろう系アニメ5選

「これからなろう系作品を知りたい」方に、Netflixで観られる5本のおすすめアニメをご紹介します。話の内容や展開が分かりやすいので、なろう系ビギナーでも楽しめる作品です!

1.『転生したらスライムだった件』

「転スラ」の略称でおなじみ、『転生したらスライムだった件』。2013年に投稿が始まった「伏瀬」さん原作の作品で、原作は完結しています。アニメは2018年に第1期が放送され、2021年1月に第2期が放送されています。
いわゆる異世界転生ものですが、RPGゲームなどの初期敵でおなじみのスライムに転生してしまう話です。
転生作品には、主人公が最強(チート)系の作品も多いのですが、転スラはしっかりとした成長物語。いろんなモンスターや人間と出会って国を作っていくのですが、様々な困難が押し寄せ、何のために主人公のスライムが強くなるのか、国づくりでの葛藤が描かれており、王道のファンタジー作品になっています。
味方のみならず敵にも魅力的なキャラクターが多いので、飽きることなく作品を楽しむことができます。

『転生したらスライムだった件』2021年2月17日現在 Netflixで配信中

2.『Re.ゼロから始める異世界生活』

『Re.ゼロから始める異世界生活』は「リゼロ」と呼ばれることが多く、2012年から連載が始まった異世界転移物語。原作は未完結ながら、アニメ、マンガ、ゲームなど様々な分野で人気を博している作品です。
コンビニ帰りに剣と魔法の世界へ転移してしまった男子高校生。ゲームではよくある機能の「死に戻り(死んでも蘇る)」の力を手に入れ、異世界でできた大切な人たちを守ろうと奮闘していきます。
主人公の周りにいる魅力的な女性キャラクターは人気の理由の1つですが、ストーリーも練りに練られた構成。
いくつも訪れる絶望的な状況を、死に戻りの力で解決。何度も死んでやり直していくうちに、新たな事実が明らかに……。謎解きの要素もあり、続きが気になってどんどんと観続けてしまう面白さがあります。

『Re.ゼロから始める異世界生活』2021年2月17日現在 Netflixで配信中

3.『無職転生 ~異世界行ったら本気だす』

「理不尽な孫の手」さん原作のアニメ。
現代の日本で34歳ニートだった主人公が、親の死去を機に家を追い出され、ひょんなことから高校生を助けようとして、トラックに轢かれて異世界へ。トラック転生(転生トラック)とも呼ばれるジャンルになります。
前世ではニートに甘んじていたことを恥じた主人公が、努力を重ねてトラウマを乗り越えていきます。転生した世界には剣や魔法、魔物が存在しており、「できることが増える=成長している」と成長の度合いが理解しやすいのも魅力です。
また主人公の性格が若干悪い方へ曲がっており、嘘をつくことが多いのですが、その行動原理は全てだれかを想ってのこと。家族や仲間を守るためなら、国をも敵に回すその姿勢がとてつもなくカッコよく、観れば観るほどハマっていく作品です。

『無職転生 ~異世界行ったら本気だす』2021年2月17日現在 Netflixで配信中

4.『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います』

2016年に始まり、連載が続いている『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います』。略称は『防振り(ぼうふり)』。
友人に勧められてVRMMOと呼ばれるVRのRPGアクションゲームを始めるゲーム初心者の主人公は、「痛いのが嫌い」とゲーム内で不人気の武器である、大盾をセレクト。ステータスも防御力に全振り(極振り)してしまったために、ゲームの進行が困難になってしまいます。しかし、ビギナーズラックなのか、奇跡を連発して無敵の防御力を誇るようになり、他プレイヤーやゲーム制作陣からも一目置かれる存在に成長していきます。
ジャンルとしては主人公が最強(チート)系ですが、攻撃力ではなく防御力に特化しているので、今までにない成長物語を楽しめます。
またゲームでは一目置かれる存在なのに、現実世界では普通の女の子という、ギャップも面白いポイントです。

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います』2021年2月17日現在 Netflixで配信中

5.『ログ・ホライズン』

RPGゲーム「エルダー・テイル」の3万人以上のプレイヤー世界に入り込んでしまい、そこからの脱出を描いたストーリーです。
「ゲームからの脱出」といえば『ソードアート・オンライン(SAO)』が有名ですが、『ログ・ホライズン』はRPGゲームの要素が濃いめ。ゲームの世界ではNPCであった住民とプレイヤーの対立や、職業やレベルの縛りなど、RPGゲームをしていた人なら「分かる!」と声を上げたくなるような設定が細かく決められています。
また主人公が前衛タイプではなく、陰で支える参謀的な立ち位置で、様々な場面で味方のために根回しをしていきます。もちろん失敗することもあり、「ご都合主義」な展開にならないのが人気の理由であると考えます。
アニメは3シーズンも続いており、見応えのある作品です。

『ログ・ホライズン』2021年2月17日現在 Netflixで配信中

まとめ

今や、アニメ業界にはなくてはならないなろう系作品。今回はアニメ化されている有名作品をご紹介しましたが、「小説家になろう」にはまだまだ名作が投稿されています。
その全てが初心者向けというわけではないので、まずはアニメでなろう系作品に触れてから、サイトを巡回するのがいいと思います。
続々とアニメ・マンガ化する作品も出てくると思うので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

※掲載中のコンテンツは、通知なく配信終了する場合があります。あらかじめご了承ください。


超高速インターネット 速さで選ぶならeo光

※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事