新4K8K衛星放送を見るには?対応テレビ以外に必要な準備を解説

最近、よく耳にするようになった「4K・8K」テレビ放送。対応テレビが続々と登場、「新4K8K衛星放送」が始まっています。
実際のところ「4K・8K」は何がすごいのでしょうか。

この記事では4Kや8K放送がいかにすごいのか、4K・8K映像を見るために必要な準備について紹介したいと思います。

今の4倍すごい4K映像と、16倍も美しい8K映像

2018年12月1日から始まった「新4K8K衛星放送」は、次世代を担う新たな映像規格。
2011年の地デジ移行とは違い、今見ているテレビ放送が観られなくなるわけではありませんが、新4K8K衛星放送を見るためにはいろいろな準備が必要になります。

4Kより前の規格であるフルハイビジョン(フルHD)は2Kと呼ばれ、1920×1080の画素数(約200万画素)です。4Kはその4倍の3840×2160画素(約800万画素)に、さらに8Kだと7680×4320画素(約3300万画素)と約16倍の画素数になります。

これほどまでに広い面積をカバーする映像を、フルHDと同じサイズに落とし込んでいるため、より細かい映像の表現ができるのです。

※画素……デジタル映像を表現する画面の「点」のこと。単位はピクセル。

今の4倍すごい4K映像と、16倍も美しい8K映像

さて「数字を並べられても……」と思いますよね。なので、まずは「めっちゃキレイ!」と覚えておくだけでもいいと思います。

そのめちゃくちゃキレイな8Kの映像、実は「家庭用テレビの限界」とも呼ばれています。

人間が最も臨場感を味わえるのが視野100°であると研究結果(※)で分かっており、テレビを観るのに最適な距離を考えると8Kの映像は視野100°を網羅することができるのです。

※参照:NHK放送技術研究所『映像システム設計と評価技術』

視野100°をテレビ画面で埋め尽くすには「テレビ画面の高さ×0.75」の距離が必要だといわれています。

視野100°をテレビ画面で埋め尽くすには「テレビ画面の高さ×0.75」の距離が必要
画面解像度から計算するテレビとの適正距離

現状のフルHDは、「テレビ画面の高さ×3」の距離は離れないと、映像の粗さが気になってしまいます。
しかし8Kの映像は、画素数がフルHDの16倍(縦4倍×横4倍)であるため、単純に「3割る4」、イコール「テレビ画面の高さ×0.75」の距離から見ても鮮明な映像が楽しめるというわけです。
そのため8Kが「家庭用テレビの限界」といわれているのです。

「人の限界点に到達している」と聞くと、8Kテレビのすごさが分かっていただけるかと思います。

8Kテレビは今まで再現できなかった色の表現も可能になっています。よりリアルな映像を創り出せることができるのです。
では8Kテレビ放送・4Kテレビ放送を見るために何が必要なのか、次でご紹介しましょう!

4K・8K対応テレビだけでは、新4K8K衛星放送は観られない!

4Kテレビの価格は最近では下がってきており「4K対応テレビは持ってるよ!」という方も多いのではないでしょうか。ただ4K対応テレビだけでは、新4K8K衛星放送を視聴できない可能性があります。
4K対応テレビは、画面のスペックが対応しているだけで、チューナーがついていないタイプがあります。Blu-rayや動画サブスクリプションサービスの4Kデータなら楽しむことができますが、電波を受信するためのチューナーがなければ新4K8K衛星放送を見ることはできません。
テレビに搭載されていればいいのですが、無い場合は外付けのチューナーが必要です。もちろん、4K対応だけでは、8Kの映像は見れませんので、対応機器が必要となります。

また見たいチャンネルによっては、アンテナやブースター、分配器の取り換えが必要となる可能性があります。場合によっては大規模な工事が必要になることも……。
どんなチャンネルが見たいのかを事前にチェックしておいて、そのためには何が必要になるかを確認しておきましょう。

新4K8K衛星放送を視聴する、もう1つの方法!「光回線」

4K・8Kテレビ放送を見るために「いろいろと揃えないといけないのが面倒!」という方は、光回線で観るのはいかがでしょうか。
インターネット回線として使われている光ファイバーですが、実は地上/BS/CSデジタル放送、そして新4K8K衛星放送の受信が可能なんです。しかも各放送に合わせてアンテナを設置する必要がないのも魅力。アンテナやブースター等を買い替える必要なく、チューナーさえあれば視聴することができるようになるのです。
一部の放送は、そのチャンネルの提供事業者との契約が必要になるので、初期投資が抑えられる「光回線」での視聴はお財布にも優しい方法なのです!

2021年に開催を予定している世界的なスポーツの祭典……せっかくならキレイな映像で見たいですよね。
おうち時間の充実のため、そして人間の限界だと言われる美しい映像を楽しむため、「新4K8K衛生放送」に注目です!


※上記掲載の情報は、取材当時のものです。掲載日以降に内容が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

関連記事